MENU
TEL LINE

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

回数券、好評いただいてます!

2015.03.31 | Category: お灸,はり治療,冷え 血行不良 体質改善,冷え性

~選べる!コース~  通常価格 ¥1,500

骨盤調整コース  正しい姿勢を身につけるための矯正
    ・骨盤整体(骨盤中心のバキバキしないソフト整体)
    ・プリムアップ(骨盤ストレッチチェアー)

痛み特化コース  強い痛み、慢性症状がある方
    ・鍼(はり治療) 
    ・パルス療法(はりに通電することで効果アップ)

体質改善・冷え取りコース  体の治癒力アップ、芯から温め冷え性改善
    ・陶板浴(完全個室で服を着たまま全身温浴)
    ・足の助(靴下をはいたままの足用岩盤浴)
    ・鍼orハコ灸

 回数券でさらに選びやすく! 
   通常価格   割引価格
3回  ¥4,500 → ¥4,000  ¥ 500 OFF!
5回  ¥7,500 → ¥6,000  ¥1,500 OFF!
8回  ¥12,000 → ¥8,000  ¥4,000 OFF!

花粉症対策

2015.03.26 | Category: お灸,はり治療,商品,

つら~い花粉症の季節crying

✅目がかゆい

✅鼻水がたれる、鼻がつまる

✅頭痛、ボーっとする

✅体のだるさ

何か対策はしていますか?

首のゆがみやコリ、顔や目の疲れからも余計に症状を悪化させてしまうのはご存知でしたか?

また、免役力低下し唾液の分泌が悪くなったり、腸内環境が悪いことが原因ともいわれます。

オススメは当院の体質改善コースでお灸か鍼をプラス。

そして、玄米酵素のビフィズス入りをお試しくださいsmiley♪♪

 

 

 

 

 

 

事故 むち打ち

2015.03.19 | Category: 未分類

交通事故でもっとも多いのがむち打ち!

そのむち打ちにも大きく分けて4つあります。

◇頚椎捻挫型
  これが、むち打ちの中でも最も一多いタイプ。
  衝撃によって首が激しく揺さぶられた結果、
  首の筋肉や靭帯が傷つき、「捻挫」となったもの。

◇バレー・ルー症候群型
  衝撃が首の骨だけでなく
  その中を通る自律神経が傷ついた場合に発症。

◇神経根症状型
 脊髄から出る根元部分である神経根が
 ダメージを受けてしまうケース。
 主な症状 しびれや力が入れにくい。

◇脊髄症状型
  神経だけでなく、直接脊髄にまでダメージが及んだケース。
  脊髄の損傷より身体にまひが残り、障害となってしまう場合も。

当院では頸椎捻挫が一番多く来られます。痛みやめまい、頭痛など続くとつらいものです。

むち打ち症で悩んでいる方、改善するために早めに治療をはじめましょう☆

 

低体温について

2015.03.17 | Category: 低体温,冷え 血行不良 体質改善,冷え性,自律神経失調症,花粉症,

最近、低体温という言葉をよく目にします。

人間は常に体温を36度~37度くらいに保てるようになっていて、これが36度未満になってくると低体温と呼ばれるようになります。

低体温になると免疫力や基礎代謝が低下していきます。つまり、体温が1度下がるだけで

・太りやすくなる

・アレルギー症状が出やすくなる

・自律神経が乱れる

・ガン細胞の働きが活発になる

など、様々な症状がでてきます。

原因は生活習慣、特に食生活の乱れが大きく関わってきます。最近ではインスタント食品の取りすぎで脂肪や糖分が増える一方、ミネラルやビタミンが不足しがちになってしまっています。これが不足してしまうと食べ物からエネルギーが作れず、体温を上げることができなくなってしまいます。

低体温改善に必要なミネラルには亜鉛、鉄などがあります。牛肉やチーズ、豆腐などに豊富に含まれているので、これらの食品を普段の食生活に取り入れることがオススメです。また、糖分には体を冷やす作用があるので冷たい食べ物だけでなく甘い物の食べ過ぎにも注意しましょう。

たかが1度、されど1度。体温を上げることで毎日を元気に過ごしましょう。

 

寒い日の頭痛

2015.03.13 | Category: 冷え 血行不良 体質改善,未分類,肩こり,頭痛

ここ数日、冷え込む日が続きますね。数日前に、ふと外を見ると吹雪いていました。3月といえばそろそろ温かくなってくるはず…。真冬並みの寒さです。

身体は寒さを感じると熱を逃がさないようにぎゅっと縮こまってくるので肩がこりやすくなってきます。そうして首や肩がこると筋肉が硬くなって血行が悪くなり、頭痛がでてきて悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そんな寒い日の頭痛には、足を温める事がオススメです。夜眠るときに足元にホットカーペットや湯たんぽを置いてみてください。眠っているときは特に寒さをしのごうと無意識に体にぎゅーっと力を入れてしまうので、足を温める事によって体に無駄に力を入れてしまうことを防ぐことができ、血流を保つことができます。

ただし、温かすぎると起きた時にボンヤリ感があるので温度は控えめにしましょう。特に湯たんぽは低温ヤケドの危険もあるので、タオルを巻くなどして温度をしっかり調節してから使用してくださいね。

暖かくなるまでもう少し!バッチリ予防をして寒さを乗り切りましょう!

手の痺れについて

2015.03.13 | Category: メンテナンス,整骨院,未分類,胸郭出口症候群,自律神経失調症

こんにちは。酒井です。

今回は手の痺れついて紹介したいと思います。

まず手が痺れる原因としては、神経になりかしらの刺激が加わる事が原因となります。

例えば神経が骨や筋肉に圧迫されたり傷つけられるなどの傷害的な物や、脳梗塞や糖尿病などの内部的な物などがあります。

整骨院に来られる患者さんの中で多い原因としては前者です。どのような病気が多いかというと、首や腰のヘルニアや狭窄症と言われる神経の通り道が細くなる等の病気があります。

体の痺れというのは中々安静にするだけでは改善がみられないことも多く、痺れる原因が痺れている場所にあるとは限らないためこの様な痺れでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

 

季節の変わり目

2015.03.12 | Category: 未分類

受付スタッフの西原です。

寒いですね・・・

でもですね・・・

私も、花粉の影響を受けている一人ですcrying

ここ数日とても寒いですが、花粉症症状が出始める2月頃からは、

「あ、が近づいてきてるなぁ~」と実感します。

暖かくなるのは嬉しいですが、

季節の変わり目はやはりどこかで不調が出やすいもの・・・

早めのメンテナンスを心掛けたいものです。

みなさん年度末でバタバタと忙しい時期ですが、

ちょっとだけ

自分の体と向き合う時間も作ってあげましょうsmiley

花粉症と和食

2015.03.11 | Category: 低体温,冷え性,花粉症,

3月をむかえ暖かい日が、、とはまだまだいかず寒さが戻ってきたような感じもしますが、確実に季節を感じている人もいるのではないでしょうか?

そうです、「花粉症」です。

 

~吸入性アレルゲンによるI型アレルギー反応が関係し、くしゃみ、水性鼻漏すいせいびろう、鼻閉びへいを3主徴とする疾患を、鼻アレルギーあるいはアレルギー性鼻炎と呼んでいます。症状の好発時期により通年性と季節性に分けられます。

 季節性の大部分は花粉が原因であり、花粉症と呼ばれています。スギ花粉症は今でこそ認知度が高いのですが、昭和30年代終盤に発見された比較的新しい疾患です。

というように、昔はなかったというものでした。

さらに日本よりもアメリカの方がこの花粉症の発症は早かったようです。

スギなど、花粉を飛ばすようなものを植えたということ、自動車の排気ガスも原因の1つとして考えられます。

しかし、一番大きく変わったのが食事が洋食へと変わったことです。

この食事の変化が、抵抗力を落とす一番の原因となってしまいました。

抵抗力を考える目安としてよく体温が挙げられますが、昭和の初期ごろの平均体温は36.7℃であったと言われています。

しかし現在の平均体温は36.2℃と大きく下がりました。

これは食の変化がもたらしたものだと言われています。

皆さんも、もう一度「和食」を見直して花粉症に打ち勝っていきましょう。

 

 

腰、仙骨痛

2015.03.09 | Category: 腰痛症

腰が痛いとき、どんな姿勢をとっていますか?

ぎっくり腰で痛めたのに、無理に姿勢を正そうと伸ばす方がいます。

また、仰向けで寝ないといけないと思っていませんか?

確かに姿勢を正すことは良いことです。

しかし痛めているときは意味があって、かばう姿勢をとっていますのでそれでいいんです。楽なポジションをとって下さい。さらに、左右で重心をかけて楽なポジション選びます。寝ているときも、横向きで膝を軽く抱えるような姿勢が楽です。

楽・楽を選ぶこと。我慢して痛い・痛いを選んでしまうと悪化させてしまいます。

 

どんな姿勢をとればいいのかが分からなければご相談下さいね♪

 

 

 

 

手根管症候群

2015.02.25 | Category: 未分類

こんにちは。今日は手根管症候群についてお話したいと思います。

手のひら側の付け根の部分には「手根管」というトンネルがあり、

このトンネルの中を「正中神経」という神経が通っています。

の正中神経が圧迫されることによって痛みやシビレが発生する病気を

手根管症候群と呼びます。

 

シビレは親指・人差し指・中指・薬指の4指に起こってきます。

このシビレは、目を覚ました時に強く出ますが、手を振ることで楽になります。

また、親指の付け根にある「母指球筋」という筋肉が痩せていき

ボタンをかける動作やつまむ動作ができにくくなってきます。

 

骨折や脱臼をしたときに合併して起こることがありますが

変形性関節症や関節リウマチが要因となることもあり原因は様々です。

特に女性に多く発症し、家事などよく手を動かす作業をしている

専業主婦のひとなどにもに多く見られます。

 

手の使いすぎが原因となっていることがよくあるので

その場合には、安静にすることももちろんですが

手首だけでなく腕の筋肉にも負担がかかっていることがあるので

腕の筋肉も一緒にほぐしてあげることによって血行が良くなり

症状の改善につながることがあります。

なので腕が硬く張っているような人にはマッサージもおすすめですよ。

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治