MENU
TEL LINE

Blog記事一覧 > ぎっくり腰,はり治療,ヘルニア,栄養素,腰痛 > 【まさか】栄養ドリンクが腰痛の原因に? 松山市 腰痛

【まさか】栄養ドリンクが腰痛の原因に? 松山市 腰痛

2017.10.01 | Category: ぎっくり腰,はり治療,ヘルニア,栄養素,腰痛

こんばんは!

早くも今日から10月ですね^ ^
一気に秋らしくなっくなってきましたが
体調はいかがでしょうか?

 

秋といえばお祭りな三浦です^ – ^

 

 

暑い夏から一気に涼しくなって、疲れが溜まりやすくなったり
何となくシンドイ人も多いのではないでしょうか??

 

 

そんな時頼りにするのは
「栄養ドリンク」
という方もいると思います。

 

 

飲むと何となくシャキッとする感じがしますよね。
まさに「ファイト一発!」ですᕦ(ò_ó)ᕤ

 

 

 

しかしこの無敵の栄養ドリンクにも意外な落とし穴が。。。
それは栄養ドリンクに含まれる「カフェイン」にあります。

 

 

 

カフェインと言えばコーヒーなどにも含まれていて
交感神経の活動を活発にして覚醒作用があるものですよね。

 

 

これが栄養ドリンクのファイト一発の正体です。

 

 

 

なぜこの栄養ドリンクが腰痛と関係があるのか?
というと、このカフェインには「覚醒作用」と「利尿作用」があります。
尿を生成しているのは「腎臓」です。

 

 

 

利尿作用は腎臓に「もっと働け!」と信号を送って
腎臓を頑張らせます。
腎臓が働くと交感神経が優位になって尿が生成されます。

 

 

 

ですから覚醒作用と利尿作用といのは表裏一体なのです。
だからコーヒーを飲むとトイレが近くなるという訳ですね。
これは栄養ドリンクでも同じことが言えます。

 

 

 

でもいいことばかりではありません。
頑張って働かせた腎臓は必ず後で疲れます。
そしてこの腎臓は人体でいうと丁度「腰」の位置にあります。

 

 

 

腎臓は疲れると硬くなってくるのですが、同時に
腰の筋肉も固まってしまうのです。
これが栄養ドリンクと腰痛の関係です。
正確に言うと「カフェインと腰痛の関係」となります。

 

 

 

最近来られた慢性腰痛の患者さまも「毎日栄養ドリンクは
欠かさず」と言う方がいました。
これはコーヒーなどにも言えることですが、かなり腎臓に
負担をかけてしまっています(*_*)

 

 

 

 

しかも疲労回復効果も一時的なもので逆にその反動が大きい
ために慢性疲労となってしまうのです。。。

 

 

 

では「ノンカフェイン」は?と言うとカフェイン以外の
栄養成分は即効性や吸収率が高くないので、
栄養のあるものを食べる方が何倍も良いです。

 

 

 

カフェインは「ここぞ!」と言う時に上手に摂る事をオススメ
します^ ^

 

 

 

松山鍼灸整骨院
松山市松末町1-5-10
TEL 089-933-8113

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治