MENU
TEL LINE

Blog記事一覧 > 腰痛,腰痛症 > 【実践】大腸を整えて腰痛を解消しよう その②/松山市 腰痛

【実践】大腸を整えて腰痛を解消しよう その②/松山市 腰痛

2017.11.12 | Category: 腰痛,腰痛症

こんにちは!

松山鍼灸整骨院 三浦です。

 

 

 

今回も前回に引き続き大腸を整えて腰痛を解消しよう、ということで

腰痛でお悩みのあなた、便秘でお悩みのあなたに20個以上ある大腸に関連するツボの中から

効果の高いものをピックアップしてお伝えしていきます。

 

 

 

今回ご紹介するツボは「曲池」(きょくち)です。

このツボは肘の外側にあって、肘を曲げたときにできるシワの端にあります。

曲は字の通り曲がっところにあるため、池は肘を曲げると陥凹ができるので

この名前が付けられました。

 

東洋医学で「池」という字は血液や水分などの悪いものが溜まりやすいということも

意味しています。

例えば、水が流れているホースを途中で踏むとそこから先は当然水が流れなくなって

しまいます。そして、水が止まったところも時間が経つとその水どんどん汚れていく

ということがあります。

 

 

 

これは人間の身体にも同じことが言えます。特に関節などの曲がるところは流れを止めて

しまいがちなのです。そしてまさに大腸もクネクネと曲がっているので途中で血流、水分、

最後には便も流れにくくなってしまうのです。

東洋医学のおもしろいところはこのようにある場所をそれと似た場所に見立てるというところ

にもあります。

 

 

 

 

 

このツボは肘にあるので腰痛の他に、肘の痛み、肩こり、手のしびれ、眼精疲労など

合谷と同じく幅広い症状に効果を発揮してくれます。

このツボを押してあげて、腰痛など溜まってしまった体の不調をキレイに流して

あげてみてください。

 

 

 

 

*ツボの押し方

親指で反対の肘を軽く曲げたときにできるシワの先端の硬くなっている部分を

刺激していきます。グーとイタ気持ちいいくらいのところま押したら、そこで

10秒~30秒キープしてください。これを5~6セット繰り返します。

深呼吸しながらするとなお良いでしょう。

 

 

 

ボールペンなどの先の丸いもので押してあげるのも良いですが

硬いもので刺激する場合はやりすぎてしまうので注意が必要です。

 

 

 

デスクワークなどの合間にもできる簡単なポイントですので

気が付いたら実践してみてください。

 

 

松山鍼灸整骨院の実際の治療では、このツボの効果をさらに高めるために

組合せやバランスなどを考えて調整していきます。

腰痛や便秘でお悩みの方はご相談ください。

 

 

ちょっとの隙間でできるのでぜひ実践してみてください。では次回もお楽しみに。

 

 

 

松山鍼灸整骨院

 

〒790-0915

松山市松末1丁目5-10

TEL 089-933-8113

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治