MENU
TEL LINE

ホーム > Blog記事一覧 > むくみの記事一覧

【春の体調不良】あれっ私のことかも?

2018.04.08 | Category: だるさ,むくみ,めまい,メンテナンス,低体温,冷え性,肩こり,自律神経失調症,頭痛,食欲不振

 

 

 

こんにちは!

担当は田村です_φ( ̄ー ̄ )

 

 

四月に入ったというのに

寒い日もありましたね!

 

みなさん体調、整っていますか?!

 

 

『なんだかだるい』

『肩が凝る』

『イライラする』

『気分が落ち込む』

 

 

など今の時期にこんな体調不良を感じている人

いらっしゃるんじゃないでしょうか??

 

 

 

「春の体調不良」は

気のせいではありません…( ̄^ ̄)

 

 

 

寒暖差が激しい春は、

気温差に体が対応しようと

エネルギーを消耗します。

また、ストレス、疲労、気圧の変化などが

敏感な自律神経に影響を及ぼし

様々な症状を引き起こしているのです…。

 

 

特に今年の冬は記録的な寒さが続いたので

寒暖差に身体がついていかず、

症状を訴える人が増えているのではないでしょうか(>_<)

 

 

 

対策として季節の変わり目を

健康で過ごすためには、

自律神経のバランスを崩さないように

心掛けることが大切になってきます。

 

 

できるだけ決まった時間に寝起きする、

食事もきちんと取るなど、

規則正しい生活を送るようにしないといけません。

 

 

 

まずは睡眠をたっぷりとることが重要です。

寝ている間は副交感神経が優位に働き、

体や心を休ませ、疲労回復を促します(^o^)

 

 

 

また、この時期忙しいからとシャワーで

済ませようとせず

お風呂にもしっかりつかるようにしましょう☆

 

40℃前後の湯に10分以上

ゆったりとつかると寝付きが良くなり

ぐっすり眠ることができます。

ただし、体が冷えきる前に

お布団に入ってくださいね!

 

 

 

ストレスを多く感じているときは、

少し暗めの照明の部屋で静かな音楽を聞いたり、

ラベンダーなど鎮静作用のある

アロマの香りでのんびりと寛ぐのが

いいみたいですよ(*^_^*)

運動して少し汗をかくのも

オススメです♪( ´▽`)

 

 

ストレスをなくす・疲れをためない、

というのは簡単なことではありませんが

できることから改善していけるはずです!

身近にできることから取り組んでみましょう!

 

【花粉症】つらーい時期を乗り越える方法!?

2018.03.05 | Category: はり治療,むくみ,メンテナンス,冷え 血行不良 体質改善,整骨院,未分類,肩こり,花粉症,頭痛

 

 

こんにちは!
久しぶりに担当するのは田村です_φ( ̄ー ̄ )

お椿さんも終わって
少しずつ暖かくなってきましたね!

花粉も少しずつ飛び出して
鼻水やくしゃみに悩まされている方
多いのではないでしょうか?!

 

現在日本人の約4人に1人が花粉症と言われているようです。

 

◯花粉症って一体どんな病気??

花粉症とは、体内に花粉(アレルゲン)が入ってきた時、

それを排除しようとする免疫反応によって起こる症状のことです。

 

特にスギ花粉症は冬の終わりから春にかけて多くの人を悩ませており、

日本では、スギのほかにもヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど

約60種類の植物が花粉症を引き起こすとされています( i _ i )

 

 

◯花粉症の主な症状

鼻の症状

・くしゃみ

・鼻水

・鼻づまり

目の症状

・かゆみ

・涙

・充血

その他

・喉のかゆみ

・皮膚のかゆみ

・熱っぽい(ぼーっとする感じ)

・首や肩がこる

 

などの症状があります。

 

 

◯症状を軽くするには…?

一般的には薬で抗体の働きを

抑えることが多いですよね!

しかし、薬は眠気が強いものが多く、

また、眠気がないものだと

あまり症状が抑えられない…

という声も聞きました(~_~;)

 

他にもレーザー治療で粘膜を焼く方法も

ありますが、これは個人差があるものの

効果が1年程度と言われているようです。

 

 

◯整体で花粉症が…?!

えっ?!

と思う方多いかと思いますが

あなたの花粉症改善しますよ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

最初にもお話したように

花粉症は免疫反応が働いて

様々な症状が起こっているので…

 

単純な話、

『免疫反応が過剰になって

体にかかっている負担を取り除き、

自己治癒力を高めたらいい』んです( ^ω^ )♬♬

 

 

くしゃみや鼻水をすする動きって

こんな時期や風邪を引かない限りは

めったにしないですよね。。。

 

普段使わない首肩や背中の

筋肉の緊張をゆるめ、

血液の流れをよくしてあげて、

あとは身体全体のバランスを

整えてあげると自己治癒力は

高まりますヾ( ^ω^)ノ

 

その治療を続けてあげることで

結果的に花粉症の改善に

繋がるわけですね(*゚▽゚*)

 

治療だけでなくお家でできることといえば、

お風呂に浸かって巡りをよくしてあげたり

外食を控え、和食中心の食事にしたり

夜更かしをせず、規則正しい生活を心がけるなど

今の時期は忙しいから、と怠りがちな部分を

見直すといいですよ♪( ´▽`)

 

 

当院の治療でつらい

花粉症の時期を乗り越えませんか( `ω´ )!?

 

いつでもご相談ください♪

 

 

 

 

【新発見】足のだるさと肋骨の不思議な関係/松山市 整体 ツボ

2017.08.27 | Category: だるさ,むくみ,下半身,冷え性,夏バテ,経穴

from 自宅リビングより…

 

こんばんは!24時間テレビも23時間くらい終わりましたが、

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

三浦です(^^)

 

 

 

8月も残すところあとわずかですが、夏の疲れは出ていませんか?

実は私も最近疲れが溜まってきたな…という感じがしていました(+_+)

数年前に夏バテして体調を崩した経験から体調管理は気を付けて

いるのですが、夏は若干苦手なようです。。

 

 

これでも元高校球児なのですが(笑)

 

 

 

体が疲れてくると必ず足がだるくなってくるのですがここ数日は

特にだるさを感じていました。

ということで、久々に妻に治療をしてもらいました(*^^*)

(こういう時は非常に ×便利 〇感謝 です)

 

 

 

そして今回特に調整してもらったのが「肋骨」です。

足がだるいのになぜ肋骨??と思われるでしょう。

その答えはまず「なぜ足がだるくなるのか?」からです。

 

 

 

足がだるくなるのは血流が下半身に不足しているからです。

血流不足になる理由は内臓が疲れて下半身まで血流を回す余裕が

なくなってしまうためです。内臓の疲れはクーラーや冷たいもの

を取るからですね。

 

 

 

そして肋骨の下部の中には「胃」があります。これが夏の疲れで

下がってきてしまいます。いわゆる「胃下垂」の状態です。すると

それに伴って肋骨も下がって硬くなってきてしまいます。

これが夏バテの状態、足のだるさのメカニズムです。

 

 

 

ですから、この硬くなって下がってしまった肋骨を柔らかく

調整してもらってかなり足が楽になりました(^^♪

 

 

 

みなさんも足のだるさ、夏の疲れを感じたら画像の肋骨の間の部分を

人差し指、中指、薬指の3本で軽く押したり、マッサージしてあげて

みてください(^^)/

だるさやむくみもスッキリしますよ♪

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治