MENU
TEL LINE

ホーム > Blog記事一覧 > スポーツ障害の記事一覧

スルーしないで!!カラダの痛み⚡︎

2018.03.20 | Category: はり治療,スポーツ障害,テニス肘,肘痛

こんにちは!

松山鍼灸整骨院 渡部です

 

 

 

だんだんと春の陽気になってきましたね

今までは寒くて引きこもっていましたが

なんだかお出かけや運動がしたくなってきました(o^^o)

 

 

今回はテニス好きなとある患者さんのお話

 

 

スポーツにケガは付き物!!

特にテニスをされている方は肘を痛めてしまうことが多いですよね

 

この方も例に漏れず肘の痛みが出現

しかし、

「みんな肘が痛いって言ってるけどテニスしてるし…」

「ガマンしたらボール打てるし大丈夫かな」

とそのままテニスを続行

 

 

来院されたときにはテニスどころか

痛みで肘が曲げられない、お箸を持つのですらツライ

というかなりヒドい状態になっていました…!(◎_◎;)

 

 

 

体を確認したところ、やはり腕がかなり張っている…

しかしそれだけではありません

 

肩甲骨も硬くなって動きが悪い!!

肘や腕ももちろんですが

肩甲骨が硬まってしまうと腕の動く範囲が制限されてしまいます

結果、どうなるかというと…

 

 

動きが悪い分、腕や肘がかわりに動かなければならず

余計な負荷がかかってしまうのです(´・_・`)

 

 

なのでこういうときは痛みのある肘ではなく

肩甲骨の動きを良くしてバランスを整えてあげることで

肘に痛みが出ることなく、負担を減らしてあげることができます(^-^)

 

 

 

鍼治療で奥の筋肉に直接アプローチしてあげるのもすごく有効的ですよ♪

 

 

 

「痛いけどガマンしてたらなんとかなるかな〜」

と思っているあなた!!

それじゃあ痛い期間が伸びていくだけですヽ(´o`;

 

 

 

無理なガマンはせず、

早めにカラダの悲鳴に耳を傾けてあげてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

 

 

スポーツで夏バテ予防

2017.07.27 | Category: お知らせ,スポーツ障害,未分類

こんにちは

酒井です

 

 

毎日暑いですね(^-^)今回は夏バテ予防ということで話をしたいと思います。

 

夏バテ予防の仕方としては色々と方法がありますが今回はスポーツ篇ですよ

夏バテに限らずスポーツは体に良い事がいっぱいありますがスポーツは夏バテにも効果的です

 

 

なんでスポーツが良いかというとスポーツをすると汗をかきますよね

すると皮膚の発汗機能が向上するので暑いときは汗がしっかり出て体を冷やしてくれます

 

 

昔エアコンも扇風機もなかった時代は人間は自分の力で体を冷すしかなかったですが

現在はエアコンなので体を急激に冷やしてしまう為体の機能や体力が落ちてしまい結果的に夏バテになってしまいます

 

 

人間も動物の一つですがいつの間にか夏には暑がりで冬には寒がりにと、か弱い生き物になってしまいました

 

 

ただ最近は昔に比べて異常に暑くなっているため水分補給はしっかりしてエアコンや扇風機なので体を冷し過ぎないようにして熱中症予防をして下さいね

 

 

僕自身も週に2回はスポーツジムで運動をして夏バテ予防してます

今日もジムで良い汗かきました

皆さんも適度にスポーツをして夏バテ予防して下さい

最後にスポーツジムで来年の愛媛マラソン大会の案内のチラシがあり可愛い感じだったのでのせておきます

松山鍼灸整骨院は去年に引き続き来年の愛媛マラソンも全力投球で応援します
(さらに…)

マラソン大会でのケガ

2017.02.25 | Category: スポーツ障害,メンテナンス

こんにちは!
酒井です
今月は愛媛マラソンと高知マラソンがありました!
当院にもマラソン大会にむけて練習を一生懸命頑張ってなんとか完走できたという報告を頂いて嬉しい気持ちになれました!

ですが完走できたという皆さんの下半身はやはりそれぞれダメージを受けて治療院に来院される時には膝が歩くときに痛みが発生しふらふら歩かれているため生活に支障が出ている方もいらっしゃいました。

やはりフルマラソンともなると体に大きな負担がかかりますがマラソンランナーの皆さん全てがケガをするわけではないですよね!
ケガをする人とケガをしない人との違いはいったいなんなんでしょうか?

それは体の柔軟性が高いか低いかの違いです!
基本的には体は硬いより柔らかい方がケガは少ないです。
プロのスポーツ選手でもケガの少ない選手は日々のメンテナンスをおこたりません。
これは一般の方も同様です!
普段から体の柔軟性を高めるためにストレッチを心がけましょう!

愛媛マラソン

2017.02.15 | Category: いべんと,スポーツ障害,メンテナンス,ランナーズニー(腸脛靱帯炎),膝の痛み,膝痛,足ひきつり,足関節捻挫

こんにちは〜
担当は治療家の裕香です♪

2月の寒さに負けず熱いのはランナーたちε==ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

愛媛マラソンの前後でケアに来られる方が
大勢でした〜

初心者、アスリート、男女、年齢も様々な
それぞれの目標やゴールに向かって走る人たちの応援になる治療サポートできるのは嬉しいことです♪♪

怪我で多いのは
下半身の膝や足首でした。

ものすごく左右差のある
アンバランスな状態で
走り続けてカラダが悲鳴をあげている方々が来院されてましたね。

リラックスした状態で
仰向けで寝た時に足の向きは左右が揃っていますか??

左右の向きが違う方は
どこに負担がかかっているか
私たち松山鍼灸整骨院の専門家にはバレますよ(笑)

予防にも、アフターケアにも
体を知る事からはじまります。

自分の歪みはどうなのかを
確かめてみましょう!!

ふくらはぎの痛みについて

2016.02.28 | Category: スポーツ障害,メンテナンス,整骨院,未分類

こんにちは!
酒井です!

今回は足のふくらはぎの痛みについて話をしたいと思います!
足のトラブルを抱える人は多いと思いますが今回はふくらはぎの痛みについて紹介したいと思います(^_^)v

今回僕がこの話題にしたのは整骨院に来られる患者さんでもふくらはぎの痛みが発生して来られる患者さんが多いからです!

特に最近は愛媛マラソンもそうですが、全国的にマラソンブームで整骨院の患者さんでもマラソン愛好者の方も多いです!

ふくらはぎは日常生活でも疲れが出やすい体の部分ですがマラソン等の特に足に負担がかかるスポーツはふくらはぎの痛み、特にふくらはぎの内側に痛みが出やすくなります!

体に負担がかかりすぎるとどうしても体に違和感や痛みが発生しますが毎日お風呂で体をしっかり温めたりストレッチをすれば体の柔軟性がつき怪我をする可能性も下がります!

それでも痛みが発生して困ったときは僕達の出番です!
痛みをそのまま放置するとどんどん悪化してしまう事もあるため何か最近おかしいなって思ったときは気軽に来院して下さいね(^o^)v

スポーツをもっと楽しむために

2015.11.18 | Category: オスグット,ジャンパーズニー,スポーツ障害,ランナーズニー(腸脛靱帯炎)

こんにちは!
スポーツの秋!!…は過ぎつつありますが、
最近、部活などで体を痛めて
来院される学生さんが増えています。
部活中痛くて思うように動けない
でも試合に出たい!!休みたくない!!
という中学生、高校生がほとんどで
スポーツ秋など関係なく
みなさん一生懸命に部活に取り組んでいます。
当院では治療に入る前に
体のバランスや歪みも確認するのですが
必ずと言っていいほど
みなさん体の歪みがみられます。
そのほかにも関節の固さや、部分的な筋肉の固さ
それとは逆に柔らかすぎる部分がある
などなど、様々な症状がみつかります。
痛みがあるときはその部分だけが気になりますが
実はほかにもいろんなところが
邪魔をしてきてるんです!!
痛みがある部分の固定などだけでなく
その邪魔をしているところも
一緒に取り除いてあげることによって回復力もUP♪
今後のケガの予防にも繋がってくるので
痛みだけでなく、その痛みを出している原因の部分も
しっかり治療してあげましょう!!

運動の秋(^^♪

2015.09.02 | Category: スポーツ障害,メンテナンス

早くも秋の始まり9月となりました(^^)

世間では東京オリンピックを巡って様々な問題が話題となっていますが、、、

秋と言えばスポーツの秋ですね!

冬のマラソンに向けて練習を開始する方もいるのではないでしょうか?

また、子どもさんの運動会に参加する方もいるかもしれません(^^)/

 

そんな気候が要くて、やる気も出るときに一番怖いのは

「けが」です(*_*)

 

特に普段運動をあまりしていない人が、急にオーバーペースでやりすぎてしまうのがこの秋なのです"(-""-)"

また運動会で子どもにいいところを!と張り切ってしまうこともあるのではないでしょうか?

 

そんな時多いのは、肉離れや、ぎっくり腰等の筋肉系のトラブルです。

最悪の場合は「アキレス腱断裂」などの重傷につながることもあります。

 

そこで重要なのは、もちろん普段からの運動が一番大切ですが、身体のケアも大事な部分でもあります。

せっかく身体にいい運動をしても、身体のバランスや状態が悪いと負担の部分だけが大きくなり、結果的に

故障やケガ、事故などにつながってしまいます(*_*)

 

運動前も身体のケア!そして運動後も身体のケア!が大切なのです!(^^)!

 

皆さんもいいスポーツの秋を過ごすためにぜひ松山鍼灸整骨院で身体のケアを(^^♪

懐かしい痛み?

2015.06.29 | Category: スポーツ障害,肘痛

こんにちは。先日、腕を枕にうつ伏せでウトウトしているといつの間にかキレイに小指側だけ痺れていました。

人間の身体にはたくさんの神経が通っていますが、その中でも肘の内側を通っている神経を尺骨神経と言います。

尺骨神経といってもいまいちピンと来ない方も多いですね。子供の頃、イスに肘をぶつけて腕がビリビリしたことはありませんか?

実はあれ、尺骨神経にぶつかってビリビリ痛みが走っていたんです。

肘には尺骨神経が通る溝があって子供の頃はその溝が浅いため神経に当たりやすくなっています。

私の場合は腕を枕にしていたことで肘が押しつぶされ、神経が圧迫されてシビレがでてきたようです。

このような直接の圧迫のほかにもパソコン操作やテニス、卓球など手首や肘をよく使う動きやケガ、病気、変形など理由は様々です。

明らかな使いすぎが原因のときは皆さんご存じのとおりまず安静にして休ませてあげることが大切です。

そのまま無理をすると余計に症状が悪化したり痛みが長引いたりしてしまいます。

また、その場合は腕の筋肉が硬くなっている場合があります。筋肉が硬いと動きが悪くなり負担がかかるほか

硬くなることによって神経を圧迫しやすくなってしまうので、筋肉をほぐして血行を良くしてあげることも改善につながります。

このほかスポーツや仕事、病気以外でも日々の生活の中での姿勢の悪さだったりが原因でもおこります。

今回の私のパターンはこれに当てはまりますね。この場合だと生活習慣の改善が必要になってきます。

原因によって効果的な治療法も変わってくるので、自分の「原因」についても考えてみましょう。

バスケットで起こりやすいケガ

2015.06.26 | Category: オスグット,スポーツ障害,タナ障害,突き指

こんにちは。今プロのバスケットリーグの話題が多いですが今回はそのバスケでのプレーで起こりやすいケガについて紹介したいと思います。

突き指:突き指は指先から根元まで縦に向かって力が加わり起こる捻挫の一種です。指は構造上、縦からかかる力に弱いため、ちょっとした衝撃でも突き指が起こってしまいます。また、突き指が起こると、指が手のひらに強く押し込まれることによって、指の骨全体がずれてしまいます。そのため、処置を怠ると、指の機能が完全に回復しないことがあり、注意が必要です。

オスグット:オスグット病は脛骨の膝側にある軟骨が剥離して痛みが生じる疾患です。主に、走る、飛ぶなど膝の屈伸を伴う運動を過剰に行うことで起こります。オスグット病になると、膝と脛骨に強い痛みを感じます。脛骨は、成長期では軟骨の状態であるため剥がれやすく、そのためオスグット病は成長期に起こるスポーツ障害です。

タナ障害:太ももの筋肉は、膝蓋骨を介して、スネの骨につながっています。太ももの筋肉に何かしらの負担がかかり、柔軟性がなくなると、膝蓋骨を太ももの骨に強く押し付けるようになります。そうなると、膝蓋骨と太ももに間にある滑膜ヒダというクッションが傷ついて痛みが出ます。膝の屈伸で音がパキパキなることがあります。

治療することにより早く痛みがとれやすくなりなります。思い当たる方は早めの治療をおすすめします!!

サッカーで起こりやすいケガ

2015.06.16 | Category: ジャンパーズニー,スポーツ障害,半月板損傷,膝の痛み,足関節捻挫

こんにちは。今女子サッカーのワールドカップや男子サッカーのワールドカップ予選などサッカーの話題で盛り上がっていますが、今回はサッカーのプレーで起こりやすいケガについて紹介したいと思います。

半月板損傷 症状:半月板とは太ももとスネの骨の間に存在し、骨同士がぶつからないための役割をしています。そのクッションに傷がつくと、歩行、踏み込み、方向転換、しゃがみ、ジャンプなど、あらゆる膝の動きに支障がでます。

足首の捻挫 症状:捻挫は、手首や足首が関節の可動域を超えて捻じれたときに発生します。捻挫を起こすと炎症を起こし、痛みが生じます。また、痛みだけでなく、関節の機能低下も起こります。捻挫が起こるとき、大きな原因となるのが自分の体重です。手首、足首は、ある程度自分の体重を支えることができますが、関節が開いている状態で体重が掛かると、可動域を超えて捻じれ、靭帯が損傷することで捻挫が起こります。

ジャンパーズニー(膝蓋靭帯炎) 症状:膝蓋骨の下にある、膝蓋靭帯が痛くなる症状です。太ももの筋肉と膝蓋靭帯はつながっているので太ももの筋肉を使う、キック、踏み込み、ジャンプ動作などをすると、膝蓋靭帯に負担が集中して痛みがでます。ジャンプをするスポーツに多いケガのために、この名前がついています。

この様な症状がある場合は速やかに来院してください。急性の症状は早い対応が大事になってきます!!

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治