MENU
TEL LINE

ホーム > Blog記事一覧 > ツボの記事一覧

繰り返す悲劇💥

2018.05.17 | Category: ぎっくり腰,だるさ,はり治療,ツボ,メンテナンス,腰痛

 

 

こんにちは!

松山鍼灸整骨院 渡部です。

 

みなさん、GWは有意義に過ごせましたか?
私、渡部は久しぶりにジェットコースターに乗り
おもいっきり絶叫して来ました(笑)

 

 

 

そして連休明け、
みなさんも思い思いのGWを過ごせたのかな?
と想像していたのですが、いざGWが明けると…

 

「ギックリ腰になって…。」
「数日前から腰が…。」
「腰痛を診てほしいのですが…。」

 

なんとギックリ腰の患者さんが毎日来院!!

 

 

 

前回にも、この時期は意外と
ギックリ腰のかたが多いんですよ~
とお話したのですが…

 

 

 

先週からその数は倍以上に!!Σ(゚ロ゚;)

 

 

 

原因を聞いてみたところ
「朝起きたらすでにこの状態で」
「ヨガでムリな体勢とったからかな?」
「荷物を取ろうとちょっとかがんだときに」

 

 

 

などなど、理由は様々( ̄~ ̄;)

 

そのなかで一つ共通してたのが

 

「GWはちょっと寒かったよねー。」
「風も強くて冷たかった!」

 

そう…
また寒さが振り返していたのですΣ( ̄ロ ̄lll)

 

 

 

 

わたしも薄着で出かけていたので
ジェットコースターに乗ったときは
予想外の寒さにビックリしました((+_+))

 

 

 

 

 

日ごとの気温差、1日の中での気温差が激しいと
急速に変化する状況に対応するため
カラダの機能を調節する自律神経が
一生懸命働きます。

 

 

 

その結果、エネルギーを使い果たし
筋肉に負担がかかりやすい状態に
なってしまうんです(T_T)

 

 

 

きっかけはそれぞれ違いますが、
おそらくこの状況が大きな要因に
なったのでしょう。

 

 

 

 

そこで今回 紹介するツボがこちら。

 

 

 

 

太衝(たいしょう)は
足の親指と人さし指の間が交わるくぼみのところにある

ギックリ腰に有効なツボです。

足の冷えにもオススメ(’-’*)♪

 

 

 

あと、このツボは
ストレスが溜まっているときにも
効果的なんです。

 

 

 

ここを押すとイタイというアナタ
最近イライラしてませんか?( ̄ー ̄)

 

ストレスを感じるとカラダは緊張して
強ばりやすくなって血流が悪くなります。

 

 

そうすると筋肉に
疲労や負担が溜まってくるので
余計に痛めやすい状態になっちゃいますよf(^^;)

 

 

 

松山鍼灸整骨院の実際の治療では、

このツボの効果をさらに高めていきます。

 

 

ツボの組合せや全身的なバランス調整を

整体、針治療、骨盤調整で行っております。

 

 

過去にぎっくり腰でツライ経験をされた方、

最近少し腰に不安がある方はお早めに

ご相談ください(^^)b

 

 

 

松山鍼灸整骨院

 

〒790-0915

松山市松末1丁目5-10

TEL 089-933-8113

再来の○○○○腰

2018.04.19 | Category: ぎっくり腰,はり治療,ツボ,整骨院,痛み,腰痛

topimg_original

 

 

 

こんにちは!

松山鍼灸整骨院の渡部です。

 

 

 

なんだか最近、朝晩は寒いですね。

お天気だと逆に昼間は暑いくらいなんですが…。

早く気温が安定して欲しいところです(;´Д`A

 

 

そんなときによくなってしまうのが実はギックリ腰

ギックリ腰といえば冬に多いイメージですが

こういう季節の変わり目など、気温が不安定の時期にも

意外と起こりやすいんです。

 

 

tantei_girl-225x300

 

つい先日もギックリ腰で来院された方がいました。

実はわたし、症状を聞く前から「この方はギックリ腰だろうな…。」

という確信がありました。

 

 

 

 

なぜならこの方、

以前にもこの時期にギックリ腰で来院されたからですΣ( ̄□ ̄;)

 

 

 

ギックリ腰や捻挫など、1度痛めてしまうと

ほかの部分と比べ弱くなってしまうことが多く

このような負担がかかりやすい時期になると

以前痛めたところに負担が集中してしまうのです(つД`)ノ

 

 

sick_gikkurigoshi_woman

お仕事で重い荷物を運ぶことが多いということなので

その負担が少しずつ溜まっていき

かつ、最近の不安定な気候でカラダが弱ってしまい

今回の症状に行きついてしまったのでしょう(*_*;

 

 

 

本人いわく、

「こうなる直前まではまったくなんともないんです!!」

と力説されていました。

 

 

しかし、

イスから立ち上がるのに時間がかかる

座っているだけでも痛みが出てくる など…

 

 

症状を見る限り、【直前まではいい状態】ではなく

徐々にカラダが悪い状態を覚えてしまって

負担がかかっている自覚がなかった

といったところでしょうf(^^;)

 

 

 

そこで反応があったのが委中(いちゅう)というツボ

 

 

 

 

mig 

 

このツボは膝裏の横じわの真ん中あたりにある

ギックリ腰に有効なツボです。

 

 

 

調子が悪くないときは押されても特別痛くないのですが…。

 

20130314135320

 

 

 

はい、かなり張っていて

押さえると悶絶しておりました(笑)

 

 

 

ツボも必ずしも痛いというわけではなく

状態が悪くなっていると

その部分がほかと比べ、張りが強かったりいたり

押さえると特別痛かったりするんです( ̄ー ̄)b

 

 

 

「あれ?触ってみるとやけに突っ張ってるな…。」

というアナタは

もしかしたら気づかないうちに腰に負担が

溜まっているかもしれませんよ。

 

 

 

そんなとき強く押さえるのはNG!!

気持ちイイくらいの強さで優しく押してあげてくださいね(* ^ー゜)ノ

 

 

 

 

松山鍼灸整骨院の実際の治療では、このツボの効果をさらに高めていきます。

ツボの組合せや全身的なバランス調整を整体、針治療、骨盤調整で行っております。

過去にぎっくり腰でツライ経験をされた方、最近少し腰に不安がある方はお早めに

ご相談ください。

 

 

 

松山鍼灸整骨院

 

〒790-0915

松山市松末1丁目5-10

TEL 089-933-8113

【腰痛のツボ】春はぎっくり腰の季節です。

2018.04.05 | Category: ぎっくり腰,ツボ,ヘルニア,腰痛

 

 

こんにちは!

松山鍼灸整骨院 三浦です。

 

今週から新年度が始まってまた新たな環境でチャレンジしている人も

多いのではないでしょうか?

 

松山鍼灸整骨院でも新たに堀内良子(ほりうちりょうこ)先生が入って

NEWチームで平成30年度をスタートしました^ ^

 

 

新しい環境に身を置く方は、慣れない環境の中はじめの間は大変なことも

あるかと思いますががんばってほしいと思います。

 

 

 

そんな新しいことが始まる春ですが、「慣れない」のは新人さんや環境が変わった人

ばかりではありません。「あなたの体」もまた「新しい季節に慣れていない」のです。

 

 

冬の寒い季節は体はエネルギーを使わないようにOFFの状態になっています。動物に

よっては冬眠したりしますよね。単純に寒いから家から出ないということもあります笑

特に今年の冬は寒さが厳しかったので活動力が普段よりも少なかったという人が多いのでは

ないでしょうか?

 

 

OFFの状態の冬からONの状態に切り替わるのがこの「春」という季節なんです。

よく電気なんかでも電源を入れるときに一番エネルギーを消費すると言われますよね。

これは人の体でも同じことが言えます。

 

この切り替えにエネルギーを急激に消費するので、この春の季節は「ぎっくり腰」などの

急性の症状が多く見られます。

松山鍼灸整骨院に来られる患者様も最近、強い痛みの急な腰痛の方が増えています。

 

 

 

春にがんばる肝臓

東洋医学では春に向けて体が切り替わるときに体の中で一番がんばるのが「肝臓」と言われています。

肝臓は全身に血液を循環させる役割を担っています。

しかし環境の変化など、緊張やストレスが大きいと肝機能が低下してしまいます。

すると、血液の循環がうまくいかず、めまいや耳鳴り、目のかすみといった症状に繋がることもあります。

 

血液が筋肉にうまく流れなくなると、次第に固くなって限界を越えるとぎっくり腰となって

現れてしまうのです。この時期のぎっくり腰は重症化してしまうことも…。

 

                                          

ぎっくり腰にはこのツボ             

腰腿点(ようたいてん)       

 

名前の通り腰に関係するツボです。特にぎっくり腰などの急性腰痛に効果を発揮します。    

手の甲で人差し指と中指の間、中指と薬指の間の2ヶ所、両手で4ヶ所あります。

押してみて一番痛みが強い場所をポイントにしてみてください。

 

 

 

 

 

肝臓を元気にしてぎっくり腰を予防

太衝(たいしょう)

このツボは肝機能を高めてくれるところになります。アルコールの摂取が多い人、

ストレスが大きいかな?と思う人はぜひ押してみてください。

足の甲で、親指と人差し指の間になります。

 

 

 

*ツボの押し方

グーとイタ気持ちいいくらいのところま押したら、そこで

10秒~30秒キープしてください。これを5~6セット繰り返します。

深呼吸しながらするとなお良いでしょう。

 

 

 

ボールペンなどの先の丸いもので押してあげるのも良いですが

硬いもので刺激する場合はやりすぎてしまうので注意が必要です。

 

 

 

手のツボはデスクワークなどの合間にもできる簡単なポイントですので

気が付いたら実践してみてください。

 

 

松山鍼灸整骨院の実際の治療では、このツボの効果をさらに高めていきます。

ツボの組合せや全身的なバランス調整を整体、針治療、骨盤調整で行っております。

過去にぎっくり腰でツライ経験をされた方、最近少し腰に不安がある方はお早めに

ご相談ください。

 

 

 

松山鍼灸整骨院

 

〒790-0915

松山市松末1丁目5-10

TEL 089-933-8113

【警告】今すぐロキソニンはゴミ箱に捨てなさい!?

2018.03.11 | Category: うつ病,ツボ,腰痛,頭痛

こんにちは^ ^

松山鍼灸整骨院 三浦です。

 

徐々に春の訪れを感じる日も多くなり、本格的な春が待ち遠しいこの頃ですが、

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 

 

今回はそんな季節の変わり目で頭痛や腰痛など体調が変わりやすいこの季節に

助けとなってくれる痛み止めのお話です。

 

 

頭痛、腰痛、生理痛など様々な痛みに対して効果を発揮する

「ロキソニン」。飲んでから、短時間で効き目があってるので

つらい痛みが出た時はありがたいですよね。

病院でも処方されるし、ドラッグストアでも手軽に購入できるので

便利で常備薬になっている人も多いのではないでしょうか?

 

 

Taking medicine

 

 

 

 

しかし、便利で効果の高いロキソニンですが、怖い副作用も

あるのです…。

 

 

 

知ってるようで知らないロキソニンの副作用

 

発生頻度

内容

0.1~1%未満

腹痛、胃部不快感、食欲不振、悪心・嘔吐、下痢

0.05~0.1%未満

消化性潰瘍、便秘、胸やけ、口内炎

0.05%未満

消化不良

頻度不明

口渇、腹部膨満(お腹がふくらむ)

 

ロキソニンの説明を見ると、このような副作用が書かれています。

代表的なものは胃腸などの消化器系に対する障害です。

発生頻度を見ると1%未満のものが多いのでそれほど高くないように

思われるでしょう。

 

 

 

しかし、これはあくまで「短期的な服用」の場合のものです。

長期的、数ヶ月から数年に渡って使用している人も少なくない

このロキソニンにはこの他にも重篤な副作用が懸念されています。

 

 

 

具体的には…

・大腸閉塞

・小腸閉塞

・うつ病

・更年期障害

・がん

    etc…

 

 

腸閉塞はやはり消化器官に負担をかけるロキソニンの副作用の特徴でもあります。

うつ病や更年期障害につながるのは、痛みを止めるためにはホルモンや自律神経

にもかなり影響を与えるためです。

そして、その結果、免疫機能の低下につながりがんのリスクも高まるというわけです。

 

「クスリはリスク」

 

どの様な薬でも必ず副作用があり、それは効果が高い、即効性がある薬ほど大きく

なります。

 

 

 

 

海外ではロキソニンは飲まれていません。

 

ロキソニンの服用者が、世界的に見ても特に多いのが日本です。

これは、ドラッグストアでも市販されていることが大きいでしょう。

しかし、欧米では、ロキソニンの副作用が大きいという理由で鎮痛薬は

もう少し軽度のものを使用しているようです。市販はあまりされていません。

 

ロキソニンが爆発的に広まったのはここ10年~15年くらいのことです。

これは市販で買えるようになったことと、CMなど広告宣伝の力が

かなり働いています。最近ではネットでも買えるようになり、ますます

身近な薬になっています。

 

 

 

ロキソニンとの上手な付き合い方

 

ここまでは、副作用やリスクを強調してお伝えしました。しかし、

仕事などでどうしてもという時、その利便性が大きいこともまた

事実です。

 

 

では、どのようにロキソニンを使用すればいいのか?

まず、第一に「長期的な服用は避ける」。これが絶対です。

目安としては1日に1回の服用で3日間まで。

これを超えてもまだ痛みが続くようであれば、それは別の選択肢を

探さなければいけません。

 

 

そもそも「痛み」とは体が「もう限界だから休んで」、「生活が乱れているから

見直そう」というサインなのです。痛み止めとはそれを無視する行為でもあります。

そしてそのツケはいつか支払わなければなりません。それが「副作用」なのです。

 

 

 

 

ロキソニンよりもまずこの「ツボ」

 

 

東洋医学では、頭痛、腰痛、生理痛などの痛みに対応する「ツボ」が

あります。その中でも、今回は「まず困ったらこのツボ」というところを

症状別にお伝えしていきます。

 

 

胃痛、生理痛、胸の痛みに「足三里」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛、背中の痛みに「委中」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の痛み、歯の痛み、顎の痛みに「合谷」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭痛、首・肩の痛みに「列欠」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*ツボの押し方

グーとイタ気持ちいいくらいのところま押したら、そこで

10秒~30秒キープしてください。これを5~6セット繰り返します。

深呼吸しながらするとなお良いでしょう。

 

 

 

ボールペンなどの先の丸いもので押してあげるのも良いですが

硬いもので刺激する場合はやりすぎてしまうので注意が必要です。

 

 

 

手のツボはデスクワークなどの合間にもできる簡単なポイントですので

気が付いたら実践してみてください。

 

 

松山鍼灸整骨院の実際の治療では、このツボの効果をさらに高めていきます。

ツボの組合せや全身的なバランス調整を整体、針治療、骨盤調整で行っております。

頭痛、腰痛、生理痛などで「薬が手放せない」とお悩みの方はご相談ください。

 

 

 

松山鍼灸整骨院

 

〒790-0915

松山市松末1丁目5-10

TEL 089-933-8113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背中のま〜るいヤツ

2017.05.31 | Category: ツボ,メンテナンス,冷え 血行不良 体質改善,浮腫み,肩こり,腰痛

 

 

みなさんこんにちは!

担当田村です( ´ ▽ ` )ノ

 

梅雨に入りましたが、昼間は

夏のような暑さですね〜( ;´ω` A;)

 

体の疲れ、だるさ…溜め込んでいませんか?

 

 

暑くなってくると冷房が効いた部屋に

長時間いたり、冷たいものを飲む機会や

食べる機会も増えてくると思います。

 

 

 

体を冷やすと血流が悪くなり

筋肉が緊張するので疲れやだるさが

残りやすくなります(´・_・`)

 

 

そこでオススメしたいのが

吸玉ですっ*\(^o^)/*

 

 

えっ!もう吸玉ずっとしよるけど?

って人もいらっしゃるかと思いますが…

どうして血流がよくなるのか

考えたことはありますか(・・?)

 

 

どうして血流がよくなるのかと言うと…

 

吸玉で皮膚を吸い上げたときに

一時的に血管を収縮させ、

解放するときに血管を拡張させるからです!

 

 

血液は栄養を運んだり

一緒に水分も運んでくれますから

血流がよくなるとコリや痛みも

緩和され、むくみもよくなります(*^ω^*)

 

 

患者様から

先生たちは肩こったりしないの?

とよく尋ねられますが…

 

私たち治療スタッフも

実は!!

吸玉してケアしてます٩( ‘ω’ )و 笑

 

 

実はまだしたことないよって方は

この機会に是非♡

ずっとされてる方はこうやって

血流よくなってるのか〜と

考えながら治療受けてみてください♩

 

 

では、土曜日の様子を最後に…

最近ムキムキになってきた酒井先生で

お別れです( *´꒳`*)笑

ぎっくり腰ふたたび!!

2017.05.22 | Category: ぎっくり腰,ツボ

 

 

こんにちは!今回の担当は渡部です。

 

ついに真夏日を観測する日が増えてきましたね(;´д`)ゞ
院内の設備も徐々に夏仕様に変わってきています♢*゚

 

 

実は最近また、ぎっくり腰になり来院される患者さんが増えています!!

 

その原因は、「冷たいものの取りすぎ」

 

前回にもお話ししましたが、最近気温が高くなっているので
冷たい飲み物を飲む機会が増えています。
その「冷え」が筋肉も硬くしてしまい、柔軟性がなくなるので
ふとした動きやちょっとしたことでも腰が痛みやすい状態になっています。

 

 

あと多いのが、脚の疲れからきている人!

 

ぎっくり腰で来院されている方、全員と言っていいほど
脚の張りや硬さが強いです(*_*;
GW明けで仕事が忙しい、逆にGW中に仕事が忙しかった
というひとが多かったからかもしれませんね(×_×)

 

そんなときは、膝の裏や脛の外側を押してあげてみてください。
膝の裏には腰痛のツボがあるんです♪
片膝を立てて床に座って、脚の外側から親指を当てると
押しやすいですよd(⌒ー⌒)

 

「脚はそんなに疲れてないんだけどな~。」
と思っている方!!
触ってみると意外とパンパンになってますよ~。
気になる方はぜひ脚を触ってみてください(* ̄∇ ̄)ノ

治療効果を高めるために☆

2017.03.15 | Category: お知らせ,ツボ,メンテナンス,経穴,

 

 

 

みなさんこんにちは!

担当は田村です( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

突然ですが、みなさんご自宅で

なにか体のケアはされていますか?(*^ω^*)

ストレッチ、ヨガ、マッサージ…などなど

色々されてる方も多いのではないでしょうか??

 

 

 

今年になって、新しく来られた患者様に

ご自宅で、ご自身でできるケアの方法が

書いてあるお手紙を

数回に分けてお渡ししているのですが、

そちらの反響がすごくいいみたいで*\(^o^)/*

 

来る度に楽しみにされてる方も

たくさんいらっしゃって

頑張って作った甲斐がありました(T ^ T)笑

 

 

中には最近患者様を紹介して下さった方が

自分たちの時にはこんなのなかった!ほしい!

と言って持って帰られた方もいます♡

 

 

今まで来られていた方で

是非読みたい!という方!!(笑)

全てお渡しできますので

是非ご自宅でのケアに役立ててください!

 

ツボのこと、食事のこと、

ストレッチのこと…

色んな視点から皆様にわかりやすく書いてます!

今まで知らなかったこと、

もっと知識が深まること…

ぎゅっと詰まってますのでぜひ手に取ってほしいです( *´꒳`*)

 

 

鍼灸治療について

2015.06.11 | Category: お灸,はり治療,ツボ,メンテナンス,冷え 血行不良 体質改善,冷え性,未分類,経穴

こんにちは。酒井です。

今回は鍼灸治療についてご説明したいと思います。

鍼や灸という言葉を耳にしても、何となくしかイメージが湧きにくいと思います。当院に来院される患者さんに関しても鍼は効果有りそうだけど鍼を刺すとき痛そうだと思われたり、灸は熱くて痕が残りそう等プラスの面よりマイナスイメージが強い治療法になります。

ですが本来の鍼灸治療とは痛みを軽減させる以外にも、体質改善や心身の緊張を取り除くリラックス効果等もあり様々な症状に対応可能な治療法です。

具体的に鍼灸のメカニズムと効果についてご紹介したいと思います。今回は東洋医学的な考えで説明します。人間の身体の中には気という、いうなれば生命エネルギーが身体中を巡っています。この気の流れが悪くなると病気や体の不調をおこし、逆に気の流れがスムーズならば身体は怪我も少なく体調も良好な元気な状態となります。

鍼灸治療や漢方薬などの東洋医学により、適切な刺激・身体が喜ぶ刺激を加える事により体の中の気の流れがスムーズになり症状の改善が期待できます。鍼灸の世界はまだまだ科学的には解明されて事も多い医療技術ですが国際的な機関であるWHO(世界保健機関)において症状の改善がみられる病気が多数発表されており、世界的にみても評価の高い治療法です。

今まで治療する機会がなかった方も、気軽に体験してみて下さい。きっと新しい発見がありますよ。

次回は鍼灸を西洋医学・科学的にご紹介したいと思います。

 

自律神経の異常

2015.05.12 | Category: はり治療,ツボ,五月病

連休明け皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

今年は早くも台風が接近しております。

 

それに伴って体の不調を訴える人も増えているようです。

 頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、肩こり、、、、、、、、

 

病院で検査しても原因不と言われることが多いこのような症状を「不定愁訴」と言います。

この不定愁訴と大きく関わりがるのが

「自律神経」

 なのです。

そして、天気や環境に合わせて、体を正常な状態にたもってくれているのもまた、自律神経の働きの1つでもあります

 

しかし、連休明けで生活のリズムの崩れ、新しい環境でのストレスなどで自律神経が正常に働いていないと

台風などの天候の影響を受けやすくなってしまいます。

の自律神経を整えるのは、まずは規則正しい生活リズムですが、鍼治療や体のバランスを整えることでさらに

改善が早まります。

ちょっとした体の変化が出やすいこの時期だけに早めに体のケアをオススメいたします。

 

 

肩こりについて

2015.02.24 | Category: ツボ,五十肩,四十肩,寝違え,未分類,肩こり,頭痛

こんにちは。

今回は肩こりについて紹介したいと思います。肩こりでお悩みの方は多いと思います。中には肩こりは不治の病のような感覚で一生治らないように感じている方もいますが、多くの肩こりは改善される事が多いです。

ではなぜ肩こりが治らないと思われているかというと、肩こりの原因には生活習慣が関係しているケースが多いためです。

どんなに肩や首をマツサージして一時的に筋肉の緊張がとれて楽になったとしても、原因が残れば暫くすればまた肩こりの症状は発生してしまいます。

生活習慣での原因にも様々ありますが、例えばテレビの見方が悪かったり、普段の姿勢が悪くて猫背気味などがあります。

このような体に対してストレスな動作はなるべくしない事が大切です。

また普段からの柔軟体操や軽い運動なども意識して行いましょう。

 

 

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治