MENU
TEL LINE

ホーム > Blog記事一覧 > ヘルニアの記事一覧

【腰痛のツボ】春はぎっくり腰の季節です。

2018.04.05 | Category: ぎっくり腰,ツボ,ヘルニア,腰痛

 

 

こんにちは!

松山鍼灸整骨院 三浦です。

 

今週から新年度が始まってまた新たな環境でチャレンジしている人も

多いのではないでしょうか?

 

松山鍼灸整骨院でも新たに堀内良子(ほりうちりょうこ)先生が入って

NEWチームで平成30年度をスタートしました^ ^

 

 

新しい環境に身を置く方は、慣れない環境の中はじめの間は大変なことも

あるかと思いますががんばってほしいと思います。

 

 

 

そんな新しいことが始まる春ですが、「慣れない」のは新人さんや環境が変わった人

ばかりではありません。「あなたの体」もまた「新しい季節に慣れていない」のです。

 

 

冬の寒い季節は体はエネルギーを使わないようにOFFの状態になっています。動物に

よっては冬眠したりしますよね。単純に寒いから家から出ないということもあります笑

特に今年の冬は寒さが厳しかったので活動力が普段よりも少なかったという人が多いのでは

ないでしょうか?

 

 

OFFの状態の冬からONの状態に切り替わるのがこの「春」という季節なんです。

よく電気なんかでも電源を入れるときに一番エネルギーを消費すると言われますよね。

これは人の体でも同じことが言えます。

 

この切り替えにエネルギーを急激に消費するので、この春の季節は「ぎっくり腰」などの

急性の症状が多く見られます。

松山鍼灸整骨院に来られる患者様も最近、強い痛みの急な腰痛の方が増えています。

 

 

 

春にがんばる肝臓

東洋医学では春に向けて体が切り替わるときに体の中で一番がんばるのが「肝臓」と言われています。

肝臓は全身に血液を循環させる役割を担っています。

しかし環境の変化など、緊張やストレスが大きいと肝機能が低下してしまいます。

すると、血液の循環がうまくいかず、めまいや耳鳴り、目のかすみといった症状に繋がることもあります。

 

血液が筋肉にうまく流れなくなると、次第に固くなって限界を越えるとぎっくり腰となって

現れてしまうのです。この時期のぎっくり腰は重症化してしまうことも…。

 

                                          

ぎっくり腰にはこのツボ             

腰腿点(ようたいてん)       

 

名前の通り腰に関係するツボです。特にぎっくり腰などの急性腰痛に効果を発揮します。    

手の甲で人差し指と中指の間、中指と薬指の間の2ヶ所、両手で4ヶ所あります。

押してみて一番痛みが強い場所をポイントにしてみてください。

 

 

 

 

 

肝臓を元気にしてぎっくり腰を予防

太衝(たいしょう)

このツボは肝機能を高めてくれるところになります。アルコールの摂取が多い人、

ストレスが大きいかな?と思う人はぜひ押してみてください。

足の甲で、親指と人差し指の間になります。

 

 

 

*ツボの押し方

グーとイタ気持ちいいくらいのところま押したら、そこで

10秒~30秒キープしてください。これを5~6セット繰り返します。

深呼吸しながらするとなお良いでしょう。

 

 

 

ボールペンなどの先の丸いもので押してあげるのも良いですが

硬いもので刺激する場合はやりすぎてしまうので注意が必要です。

 

 

 

手のツボはデスクワークなどの合間にもできる簡単なポイントですので

気が付いたら実践してみてください。

 

 

松山鍼灸整骨院の実際の治療では、このツボの効果をさらに高めていきます。

ツボの組合せや全身的なバランス調整を整体、針治療、骨盤調整で行っております。

過去にぎっくり腰でツライ経験をされた方、最近少し腰に不安がある方はお早めに

ご相談ください。

 

 

 

松山鍼灸整骨院

 

〒790-0915

松山市松末1丁目5-10

TEL 089-933-8113

【まさか】栄養ドリンクが腰痛の原因に? 松山市 腰痛

2017.10.01 | Category: ぎっくり腰,はり治療,ヘルニア,栄養素,腰痛

こんばんは!

早くも今日から10月ですね^ ^
一気に秋らしくなっくなってきましたが
体調はいかがでしょうか?

 

秋といえばお祭りな三浦です^ – ^

 

 

暑い夏から一気に涼しくなって、疲れが溜まりやすくなったり
何となくシンドイ人も多いのではないでしょうか??

 

 

そんな時頼りにするのは
「栄養ドリンク」
という方もいると思います。

 

 

飲むと何となくシャキッとする感じがしますよね。
まさに「ファイト一発!」ですᕦ(ò_ó)ᕤ

 

 

 

しかしこの無敵の栄養ドリンクにも意外な落とし穴が。。。
それは栄養ドリンクに含まれる「カフェイン」にあります。

 

 

 

カフェインと言えばコーヒーなどにも含まれていて
交感神経の活動を活発にして覚醒作用があるものですよね。

 

 

これが栄養ドリンクのファイト一発の正体です。

 

 

 

なぜこの栄養ドリンクが腰痛と関係があるのか?
というと、このカフェインには「覚醒作用」と「利尿作用」があります。
尿を生成しているのは「腎臓」です。

 

 

 

利尿作用は腎臓に「もっと働け!」と信号を送って
腎臓を頑張らせます。
腎臓が働くと交感神経が優位になって尿が生成されます。

 

 

 

ですから覚醒作用と利尿作用といのは表裏一体なのです。
だからコーヒーを飲むとトイレが近くなるという訳ですね。
これは栄養ドリンクでも同じことが言えます。

 

 

 

でもいいことばかりではありません。
頑張って働かせた腎臓は必ず後で疲れます。
そしてこの腎臓は人体でいうと丁度「腰」の位置にあります。

 

 

 

腎臓は疲れると硬くなってくるのですが、同時に
腰の筋肉も固まってしまうのです。
これが栄養ドリンクと腰痛の関係です。
正確に言うと「カフェインと腰痛の関係」となります。

 

 

 

最近来られた慢性腰痛の患者さまも「毎日栄養ドリンクは
欠かさず」と言う方がいました。
これはコーヒーなどにも言えることですが、かなり腎臓に
負担をかけてしまっています(*_*)

 

 

 

 

しかも疲労回復効果も一時的なもので逆にその反動が大きい
ために慢性疲労となってしまうのです。。。

 

 

 

では「ノンカフェイン」は?と言うとカフェイン以外の
栄養成分は即効性や吸収率が高くないので、
栄養のあるものを食べる方が何倍も良いです。

 

 

 

カフェインは「ここぞ!」と言う時に上手に摂る事をオススメ
します^ ^

 

 

 

松山鍼灸整骨院
松山市松末町1-5-10
TEL 089-933-8113

【注目】ヘルニアの痛みにはここ!

2017.04.04 | Category: ぎっくり腰,ヘルニア,椎間板ヘルニア,腰痛,腰痛症

from 松山鍼灸整骨院より

こんにちは!

腰痛アドバイザー三浦です。

 

今回は「ヘルニア」についてです。

腰痛で病院を受診すると1割くらいの方がこの大小はありますが、

この「ヘルニア」という診断名を頂いてしまいます(*_*)

 

 

このヘルニアの症状ですが、腰痛に加えてお尻の辺りから太もも、ふくらはぎと

痛みやしびれなどなど何とも言えないような自覚症状があるのが特徴でもあります。

 

 

レントゲン上では骨と骨の間にある軟骨「椎間板」がつぶれるのが症状の原因だと言われますが、

それだけではありません。

他に大きな原因がもう1つ!あります。

 

 

それは。。。

 

 

「お尻の硬さ」

です。

 

 

 

デスクワーク、ランニング、立ちっぱなしなど様々な要因でこの「お尻が硬くなってしまう」と

その下の「坐骨神経」圧迫してしまって痛みやしびれになってしまいます。

逆にいうとこのお尻が柔らかくなればヘルニアと言われる症状も解消するということです。

 

 

大事なのは

 

 

「お尻」

です( ..)φメモメモ

 

ではこのお尻を柔らかくするにはどうすればよいのか??

それは

「膝の裏」

にあります。

お尻の筋肉とこの膝の裏はつながっています。

ですので、ヘルニアがある人は膝の裏も硬くなっている方がほとんどです。

 

 

昨日当院に来院された患者様もこの膝の裏をゆるめると症状がかなり緩和されました。

ここは「委中」と呼ばれるツボにもなります。

 

 

腰痛、ヘルニアでお困りの方はぜひこの膝の裏、委中をイタ気持ちいくらいで押してみてください。

 

自分で治そう自分のカラダ 腰痛偏

2017.01.20 | Category: ぎっくり腰,ヘルニア,腰痛,腰痛症

こんにちは!松山鍼灸整骨院、腰痛アドバイザー三浦です。

 

さて、今日は前回に引き続き、「腰痛」のお話しです。

 

日本人のなんと90%以上が一生に一度は腰痛になると言われています。

 

正に国民病ともいえるのがこの腰痛です。

 

 

そこで今回は、腰痛でお悩みの方に

自分でも簡単にできるセルフケアの方法をお伝えしていきます。

 

 

当院で実際に来られている患者様の症状が改善したポイント、

多くの人が共通しているポイントなので効果を感じていただきやすいはずです。

 

 

そのポイントとは「手」にあります。

人差し指と親指の間にあるのが腰痛に効果を発揮するツボになります

 

132801d0

なぜ手に腰痛のツボ?と思われるかもしれません。

 

それは前回お話したように腰痛と内臓はとても関係が深いという

ところにあります。

 

このツボは「大腸」の働きをとてもよくしてくれるツボになります。

 

大腸は位置で言うとちょうど腰のあたりにある臓器ですから

腸の動きが悪くなると腰痛にもなりやすいということです。

 

かがんで痛いのであればこのポイントを指で

イタ気持ちいいくらい押さえながらもう一度かがんでみてください。

押していた方が痛みが弱まるのであればそこが腰痛改善のポイントになります。

 

10秒~20秒くらいを5~10セット痛みが出過ぎない様に

押さえてあげて下さい。

 

ただしすべての腰痛に対して効果を発揮するわけではないので、

また次回以降で別のポイントもお伝えしていきます。

 

今日は腰痛改善の第1弾をお伝えしました。

 

また次回もお楽しみに~

 

 

 

 

 

 

ヘルニアと言われました・・・

2016.11.02 | Category: ぎっくり腰,ヘルニア,腰痛

11月に入って急に寒さがやってきましたね(/・ω・)/

 

今年もあと2ヶ月です!

 

今日のお話は

 

 

「ヘルニア」です。

 

腰が痛くて病院にいくとレントゲン撮影後に診断されるこの病名。

 

腰の骨、腰椎と腰椎の間にある「椎間板」といクッションが何かの衝撃や加齢によって

 

つぶれてしまい、それが神経にあたるという病気です。

 

例えるなら大福がつぶれて中のあんこが飛び出てしまったような状態です(@_@。

 

分かりにくい??(笑)

 

足が痺れて歩行も困難になるほどのひどい場合は手術などの選択肢もあるほどです。

 

しかしこのヘルニアの厄介なところは「手術しても完治しない人がいる」ということです。

 

その割合は4~5割ともいわれています。

 

さらに興味深いのは70歳以上の人をレントゲン撮影すると7~8割近くの人がヘルニアの所見があるようです。

しかし実際に痛みやしびれといった自覚症状を感じているのは半数以下です。

 

ではあなたの腰の痛み、足のしびれを起こしている本当の原因は?

 

それは

 

「筋肉」が大きく関係しています。

 

ただ腰が凝り固まっているだけ???

 

それはそうではありません。マッサージなどで腰だけを柔らかくしようとしても良くはなりません。

 

大事なのは

 

「バランス」です。

 

腰の治療には骨盤の動き、肩甲骨の動き、足首の動きなど様々な原因が挙げられます。

もしヘルニアでお困りの方は松山鍼灸整骨院まで(^^)

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治