MENU
TEL LINE

ホーム > Blog記事一覧 > 下半身の記事一覧

スクワットだけで寝たきり予防!

2018.05.01 | Category: メンテナンス,下半身,未分類

 

 

こんにちは。

松山鍼灸整骨院 酒井です。

 

 

 

 

 

今回は筋力トレーニングと健康との関係について紹介します。

最近テレビでスクワットだけで寝たきり予防という内容で放映されていました。

 

 

 

 

 

 

僕自身もスポーツジムで筋力トレーニングをしていますし、訪問マッサージ先の足腰の弱った患者さんのリハビリをしているなかで、足腰を強化する重要性は特に痛感します!

 

患者さんの中には、自分が将来寝たきりになんてなるわけないじゃないかと言われる方がいますがそれは大きな間違いです!

 

 

 

 

 

皆さん!

1日何歩ぐらい歩いてますか?

松山は車がないと何かと不便な為に車を利用される方が多いですが、近所のお店に行くときもついつい車を使ってませんか?

 

 

 

 

 

 

椅子に座った状態から片足だけで立てますか?

また高くジャンプする事ができますか?

少しでも当てはまる事があれば今からでも筋力トレーニングをする事をお勧めします!

 

 

 

 

さて話を戻しますが、昔から足腰から筋力は弱ると言われますがその理由を知ってますか?

 

 

 

 

それは下半身には全身の三分の二の筋肉が集まっていて、体に与える影響が大きいからです!

大きな筋肉、例えば太ももの筋肉を鍛えようとするとある程度の強さの負荷をかけてトレーニングしないと筋肉量を維持したり増加する事ができません。

 

 

その為普段意識して歩かないでいると下半身の筋肉はどんどん落ちていき足腰が弱り転倒しやすくなるだけではなく、血行も悪くなるために心臓や血管に負担がかかります!

 

 

心臓病や脳梗塞等になるリスクも下半身の筋肉が落ちると増加します!

怖いですよね!

 

 

 

今まで少し怖い事を言っていきましたが、今回紹介するスクワットを始めて病気をしない強い体を作りましょう。

 

 

 

 

 

 

スクワットはスクワットでも今回はスロースクワットです!

 

 

 

 

 

安全の為に椅子の前に立ってもらい、両足を肩幅に開いて両手を太ももの付け根に添えます。

背筋を伸ばし、胸を軽く張ります。

 

 

 

 

 

後ろの椅子に座る様に、息を吐きなが1.2.3.4と数を数えながらお尻を引いて腰を落とします!

この時に膝がつま先より前に出ないように気をつけて下さいね!

お尻が椅子の座面に触れたら、息を吸いながら5.6とカウントして元に戻します!

 

 

 

最初はしんどく感じますが少しづつ始めていき、6回から10回を二セット行いましょう!

継続は力なり!です。

筋肉は何歳からでもついてくれます!

 

 

 

今後も運動と健康との繋がりについて紹介していきますね!

自分の健康は財産です!

しっかり守っていきましょう!

 

 

〒790−915

松山市松末1−5−10

松山鍼灸整骨院

TEL 089−933ー8113

足が冷える人必見!

2018.01.23 | Category: メンテナンス,下半身,低体温,冷え 血行不良 体質改善,冷え性,未分類

こんにちは
酒井です

最近寒い日が続きますし、珍しく松山にも雪が降りましたね!
今年は明かに去年の冬より寒いです!

僕も毎朝の自転車通勤が辛いです

でもそんな僕より辛そうな患者さんが最近多く来院されています。
それは年中冷え性の患者さんです。

冷え症は今までは女性特有な症状に思われがちでしたが最近は男性患者さんも手足の冷えを訴える方が増えてきました。

ではどうして冷え性の症状を訴える人が増えたんでしょうか?
その原因は筋肉が衰えている事です。

筋肉の大事な機能は体を動かす以外にも、筋肉を使って体を温める事です
筋肉が伸び縮みするときに体温が上がります。

最近運動不足気味じゃないですか?
都会の人に比べて松山等の地方の人は外出する際も車移動が多く歩く事が少ないので足腰がどんどん弱くなります。
そうすると体の筋肉量が減るために体を温める力も低下して結果的に冷え性になります。

なので冷え症を治すためには筋力トレーニングする必要があります。

このブログを見てくれた方は,
「そうかぁ!じゃあスポーツジムに行ったら良いな」
って思われると思いますが、残念ながら筋トレは最低でも3ヶ月はしないと効果が出ないですし、やり方を間違えると筋肉がつく前に体を痛める事になります。

「じゃあ結局どうしたらいいの?」

そんな声が聞こえてきそうですが、今回はとりあえず効果的に体を外から温める方法をお教えしたいと思います。

それはお腹を温めるという方法です。
手足が冷たくて辛いのになんでお腹温めるのかと思われますよね。
皆さんは夏に熱中症になったら水分補給もですが、首とか脇を冷やす事を知ってますか?

首や脇には太い血管が通っているのでその部分を冷やすと効率的に体温を下げる事ができます。
逆にいえばそこを温めると体が温まるということです。

お腹には内臓がありますがそれと共に太い血管も通っています。
なのでお腹をホッカイロで温めたり、腹巻きで保温してあげると体の芯から温まります。
ここでひとつ、カイロは直接肌に当たると低温火傷の原因になるので注意して下さいね。

またお腹はリンパが集まる所なのでお腹を温めてあげると免疫力もアップして風邪や病気の予防になるのでお勧めです。
僕も寒い時期は寝る際に腹巻きしてますよ。

まだまだ寒い時期が続きますが、体を温めて寒さにも病気にも強い体を作りましょう。

【新発見】足のだるさと肋骨の不思議な関係/松山市 整体 ツボ

2017.08.27 | Category: だるさ,むくみ,下半身,冷え性,夏バテ,経穴

from 自宅リビングより…

 

こんばんは!24時間テレビも23時間くらい終わりましたが、

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

三浦です(^^)

 

 

 

8月も残すところあとわずかですが、夏の疲れは出ていませんか?

実は私も最近疲れが溜まってきたな…という感じがしていました(+_+)

数年前に夏バテして体調を崩した経験から体調管理は気を付けて

いるのですが、夏は若干苦手なようです。。

 

 

これでも元高校球児なのですが(笑)

 

 

 

体が疲れてくると必ず足がだるくなってくるのですがここ数日は

特にだるさを感じていました。

ということで、久々に妻に治療をしてもらいました(*^^*)

(こういう時は非常に ×便利 〇感謝 です)

 

 

 

そして今回特に調整してもらったのが「肋骨」です。

足がだるいのになぜ肋骨??と思われるでしょう。

その答えはまず「なぜ足がだるくなるのか?」からです。

 

 

 

足がだるくなるのは血流が下半身に不足しているからです。

血流不足になる理由は内臓が疲れて下半身まで血流を回す余裕が

なくなってしまうためです。内臓の疲れはクーラーや冷たいもの

を取るからですね。

 

 

 

そして肋骨の下部の中には「胃」があります。これが夏の疲れで

下がってきてしまいます。いわゆる「胃下垂」の状態です。すると

それに伴って肋骨も下がって硬くなってきてしまいます。

これが夏バテの状態、足のだるさのメカニズムです。

 

 

 

ですから、この硬くなって下がってしまった肋骨を柔らかく

調整してもらってかなり足が楽になりました(^^♪

 

 

 

みなさんも足のだるさ、夏の疲れを感じたら画像の肋骨の間の部分を

人差し指、中指、薬指の3本で軽く押したり、マッサージしてあげて

みてください(^^)/

だるさやむくみもスッキリしますよ♪

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治