MENU
TEL LINE

ホーム > Blog記事一覧 > 偏平足の記事一覧

疲労骨折

2015.02.12 | Category: スポーツ障害,偏平足,疲労骨折

先日の愛媛マラソンは過去最高の参加人数で、松山鍼灸整骨院の患者さまも

多数参加されました。

残念ながら抽選に外れてしまった人は、違う地域のマラソン大会に参加される方も多いようですし、シーズン中はいくつかのレースに参加される方もいるようです。

そこでもっとも気を付けなければならないのが、「疲労骨折」です。

フルマラソン完走のために、毎日の練習で、何キロ、時には何十キロという距離を

繰り返し走ることで確実に疲労は蓄積します。

そこで適切なケアや治療ができないと、骨折という大きなケガにつながりかねません。

ランナーの人に特に多いのが「中足骨骨折」といわれるものです。

場所としては「足の甲」のところの骨折です。

この骨折はなかなか厄介なところで、場合によっては手術が必要なこともあるほどです。

足の先ということで血液が回りにくく、回復もじかんがかかることがおおいです。

しかし、疲労骨折の前には必ず、その「前兆」があります。

ほとんどはその前兆が痛みを伴うものなので、わかりやすいかと思いす。

しかし、痛みが出てもすぐ疲労骨折までにはならないため、無理をして

悪化させてしまうケースがほとんどです。

フルマラソンを完走するにはどうしても、練習が必要で、また期限もあることから、オーバーワークになりがちですが、日々のケアや早めの治療で、けがを未然に防いで、楽しいマラソンシーズンにしましょう!

有痛性外脛骨

2014.11.21 | Category: スポーツ障害,偏平足

こんにちは。今日は有痛性外脛骨についてお話しようと思います。

有痛性外脛骨は、足の内側の骨に存在する余分な骨が疼痛の原因になる疾患です。

10~15歳の女性に多く、体重増加、運動量の増加などが関係するといわれています。

また、足の内側縦アーチの保持に関係する筋が付着しており、扁平足のある人に発生する傾向があります。

関節の捻挫などの外傷をきっかけとして出現するものがあり、成人期に発症するものの多くはこの外傷がきっかけとなっています。

症状は、足部内側に骨性の隆起を認め、圧痛があり、靴を履いた際に同部が圧迫されて痛みを感じたりします。

治療法としては、手術で外脛骨を取り除くという方法もありますが、足底版やテーピングで足のアーチを整えることによって痛みの緩和ができます。

運動後にアイシングをしたり、自分に合った靴選びをするという簡単なことでも十分効果的な予防になってくるので、皆さんも小さなことから気を付けてみましょう。

 

 

 

 

簡単外反母趾、骨盤矯正

2014.11.17 | Category: 偏平足,外反母趾,骨盤矯正

5本指ソックスで足から健康に

 

5本指ソックスは「水虫に効果がある」という宣伝文句で登場したため、履くことに抵抗を

感じる人もいるのではないでしょうか?

しかし、その他にも様々な効果があり、男性はもちろん、女性にもオススメです。

 

指先が分かれているので、それぞれの指を自由に動かせるようになります。

歩くときに足の指が床をしっかりと掴むことができるようになり、その刺激によって、

血行が促進されます。つま先の方にまで血液が送られるようになると、血流が良くなり、

冷え性改善につながります。また、使われにくかった薬指と小指が使いやすくなり、

足先で踏ん張る力が入りやすいため、多くのスポーツ選手が使用しています。

 

 「外反母趾や偏平足の緩和」、「骨盤矯正」が期待でき、

「脳の活性化」、偏頭痛の緩和」に対しても良い影響を与えます。

 

 第二の心臓と呼ばれるように、足の健康は先進の健康につながります。

今や5本指ソックスはデザイン、素材、価格も豊富で選びやすくなっているので、

ぜひ一度試してみましょう。

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治