MENU
TEL LINE

ホーム > Blog記事一覧 > 肘痛の記事一覧

スルーしないで!!カラダの痛み⚡︎

2018.03.20 | Category: はり治療,スポーツ障害,テニス肘,肘痛

こんにちは!

松山鍼灸整骨院 渡部です

 

 

 

だんだんと春の陽気になってきましたね

今までは寒くて引きこもっていましたが

なんだかお出かけや運動がしたくなってきました(o^^o)

 

 

今回はテニス好きなとある患者さんのお話

 

 

スポーツにケガは付き物!!

特にテニスをされている方は肘を痛めてしまうことが多いですよね

 

この方も例に漏れず肘の痛みが出現

しかし、

「みんな肘が痛いって言ってるけどテニスしてるし…」

「ガマンしたらボール打てるし大丈夫かな」

とそのままテニスを続行

 

 

来院されたときにはテニスどころか

痛みで肘が曲げられない、お箸を持つのですらツライ

というかなりヒドい状態になっていました…!(◎_◎;)

 

 

 

体を確認したところ、やはり腕がかなり張っている…

しかしそれだけではありません

 

肩甲骨も硬くなって動きが悪い!!

肘や腕ももちろんですが

肩甲骨が硬まってしまうと腕の動く範囲が制限されてしまいます

結果、どうなるかというと…

 

 

動きが悪い分、腕や肘がかわりに動かなければならず

余計な負荷がかかってしまうのです(´・_・`)

 

 

なのでこういうときは痛みのある肘ではなく

肩甲骨の動きを良くしてバランスを整えてあげることで

肘に痛みが出ることなく、負担を減らしてあげることができます(^-^)

 

 

 

鍼治療で奥の筋肉に直接アプローチしてあげるのもすごく有効的ですよ♪

 

 

 

「痛いけどガマンしてたらなんとかなるかな〜」

と思っているあなた!!

それじゃあ痛い期間が伸びていくだけですヽ(´o`;

 

 

 

無理なガマンはせず、

早めにカラダの悲鳴に耳を傾けてあげてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

 

 

師走突入~~~(/・ω・)/

2016.12.01 | Category: ぎっくり腰,はり治療,メンテナンス,冷え 血行不良 体質改善,寝違え,未分類,肘痛,肩こり,膝の痛み,足ひきつり

 

暦の上ではdecember~🎶

いよいよ今年も残すところあと少しとなってきましたね(*^_^*)

社会人になると一年が過ぎるのが早いなぁ、と

しみじみ感じている今回の担当田村です(>_<)笑

 

 

年末にむけて仕事が忙しくなってきた!

新年に向けて家の大掃除をしました!

もしくはこれからします!

という方多くいらっしゃるのでは!?

 

普段しないような姿勢をとったりすると

ふいに身体を痛めてしまうこともありますよね(;_:)

特に今年は気温の寒暖差が大きいため

身体が疲れを溜めやすく痛めやすくなっています。

 

 

そこに冷えが加わると筋肉も硬くなってきますので

ケガをしやすくなってしまいます(-_-;)

今年に限らずですが、お風呂にしっかり浸かって

しっかり6時間以上睡眠を摂ること、これがケガ予防の鍵です♪

風邪もひきにくくなりますし一石二鳥ですよ(^_-)-☆

 

もし万が一、

ぎっくり腰になってしまった!

足首を捻挫してしまった!などなど…

ケガをしてしまったら、早めにご相談ください(*‘ω‘ *)

 

今年の診療は30日の午前中までとなっております!(^^)!

ご予約は早めがオススメです♡

 

 

 

痛みの「原因」は??

2016.06.20 | Category: はり治療,テニス肘,肘痛,肩こり

こんにちは!今回の担当は渡部です!

 

最近、手首や肘が痛い!といって来院されている方が増えています

みなさん女性という共通点はありますが、専業主婦や事務員、調理師などなど

お仕事の種類は様々…(´・ω・`)

 

しかし、みなさん共通しているのが「よく手を使う」ということ!!

 

掃除、洗濯、パソコン作業、お料理などなど

普段のちょっとした動きの積み重ねによって筋肉が耐えきれずに痛みが出てきます(゜.゜)

 

まさに「ちりも積もれば山となる」状態…(+_+)

ほとんどの方、腕が固ーくなっています(~_~;)負担がかかっている証拠ですね…。

 

 

でも腕だけじゃなく、意外と別の場所にも原因はあるんです!!

 

 

たとえばパソコン作業が多い人は、手はよく動かしますが

対照的に肩はあまり動かさないことが多いです( ..)φメモメモ

そうなると

 

肩が固定されて動きが悪くなってくる

肩の動きが悪いので代わりに肘や手首に負担がかかってくる

負担が多くなって余計に痛みがでてくる

 

という流れになってしまいます(@_@;)

なので、悪さをしている「原因」を見つけてあげることも治療のポイントの一つです

 

なかなか治らないな~と思っているそこのアナタ!

実はほかのところに「原因」がひそんでいるかもしれませんよ?(^◇^)

 

野球で起こりやすいケガ

2015.07.22 | Category: インピンジメント症候群,肘痛,腱板損傷,野球肘

こんにちは。暑いこの夏、盛り上がりをみせているスポーツといえば高校野球ですね。愛媛県でも夏の予選で大盛り上がりで

すね。

そこで今回は野球で起こしやすいケガについてご紹介します。

野球肘:投球動作や作業での負担が肘に伝わり、部分的な微細損傷や炎症が発生し、痛みが出ています。肘の内側、外側、

後方が痛くなるタイプがあります。症状は、肘の内側の痛み、腫れ、投球痛、動きの制限、しびれも出ます。悪化すると軟骨

炎や剥離骨折、疲労骨折などになりますので注意が必要です。

腱板損傷:肩の深部にある腱板という肩の関節を安定させている組織の損傷です。4つの筋肉で構成されていますが特に棘

上筋腱が痛めやすいと言われています。ケガをして損傷する場合と、加齢や使いすぎて徐々に消耗して損傷する場合があり

ます。肩を安定させる組織なのでこれを損傷すると肩の動きが著しく障害されます。

インピンジメント症候群:肩の引っ掛かり症状の総称です。投球動作みたいに腕をあげて、さらにひねる動作をすると、腕の骨

が肩甲骨や周りの組織などに衝突して、関節を包む膜や腱の炎症、損傷を引き起こします。そのためにバンザイ動作などで

痛みがでます。

懐かしい痛み?

2015.06.29 | Category: スポーツ障害,肘痛

こんにちは。先日、腕を枕にうつ伏せでウトウトしているといつの間にかキレイに小指側だけ痺れていました。

人間の身体にはたくさんの神経が通っていますが、その中でも肘の内側を通っている神経を尺骨神経と言います。

尺骨神経といってもいまいちピンと来ない方も多いですね。子供の頃、イスに肘をぶつけて腕がビリビリしたことはありませんか?

実はあれ、尺骨神経にぶつかってビリビリ痛みが走っていたんです。

肘には尺骨神経が通る溝があって子供の頃はその溝が浅いため神経に当たりやすくなっています。

私の場合は腕を枕にしていたことで肘が押しつぶされ、神経が圧迫されてシビレがでてきたようです。

このような直接の圧迫のほかにもパソコン操作やテニス、卓球など手首や肘をよく使う動きやケガ、病気、変形など理由は様々です。

明らかな使いすぎが原因のときは皆さんご存じのとおりまず安静にして休ませてあげることが大切です。

そのまま無理をすると余計に症状が悪化したり痛みが長引いたりしてしまいます。

また、その場合は腕の筋肉が硬くなっている場合があります。筋肉が硬いと動きが悪くなり負担がかかるほか

硬くなることによって神経を圧迫しやすくなってしまうので、筋肉をほぐして血行を良くしてあげることも改善につながります。

このほかスポーツや仕事、病気以外でも日々の生活の中での姿勢の悪さだったりが原因でもおこります。

今回の私のパターンはこれに当てはまりますね。この場合だと生活習慣の改善が必要になってきます。

原因によって効果的な治療法も変わってくるので、自分の「原因」についても考えてみましょう。

野球肘 肘の痛み

2015.05.15 | Category: スポーツ障害,肘痛,野球肘

投球動作や作業での負担が肘に伝わり、部分的な微細損傷や炎症が発生し、痛みが出ています。

肘の内側、外側、後方が痛くなるタイプがあります。

症状は、肘の内側の痛み、腫れ、投球痛、動きの制限、時にしびれも出ます。

悪化すると軟骨炎や剥離骨折、疲労骨折などになりますので早めの治療がおすすめです。

今、メジャーリーガーでもトミージョン手術という肘の手術をする選手がとても多くなっています。

肩周りの動きが悪くなると肘に負担がかかりやすくもなりますので、特にスポーツをしている人は肘の違和感や痛みのない人で

も一度動きのチェックをしてみても安心だと思います!!

また運動後に痛みを感じたら15分程度しっかり炎症をとるためアイシングをしましょう。

テニス肘 肘の痛み

2014.11.18 | Category: テニス肘,肘痛

テニス肘とはテニスを行なっている人に多く出る肘の症状で、ボールがラケットに当たるときの衝撃が腕の筋肉に繰り返し

加わることによって微損傷を生じるものです。

 

ですが、テニスをしている人だけに出る症状ではありません。

 

指や腕をよく使う方や、最近ではパソコン作業を長時間行う方にも多く見受けられる症状です。

 

症状としては物をつかんで持ち上げる動作や、タオルを絞る動作をすると肘の外側から腕にかけて痛みが出現します。安

静時は痛みはありません。

 

指や手首を伸ばしたり曲げたりする筋肉が痛むことによって出る症状です。

 

反復して指や手を使うことがある人は注意しましょう。小まめに休んだり、ストレッチをすることがオススメです!!smiley

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治