MENU
TEL LINE

ホーム > Blog記事一覧 > 花粉症の記事一覧

【花粉症】つらーい時期を乗り越える方法!?

2018.03.05 | Category: はり治療,むくみ,メンテナンス,冷え 血行不良 体質改善,整骨院,未分類,肩こり,花粉症,頭痛

 

 

こんにちは!
久しぶりに担当するのは田村です_φ( ̄ー ̄ )

お椿さんも終わって
少しずつ暖かくなってきましたね!

花粉も少しずつ飛び出して
鼻水やくしゃみに悩まされている方
多いのではないでしょうか?!

 

現在日本人の約4人に1人が花粉症と言われているようです。

 

◯花粉症って一体どんな病気??

花粉症とは、体内に花粉(アレルゲン)が入ってきた時、

それを排除しようとする免疫反応によって起こる症状のことです。

 

特にスギ花粉症は冬の終わりから春にかけて多くの人を悩ませており、

日本では、スギのほかにもヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど

約60種類の植物が花粉症を引き起こすとされています( i _ i )

 

 

◯花粉症の主な症状

鼻の症状

・くしゃみ

・鼻水

・鼻づまり

目の症状

・かゆみ

・涙

・充血

その他

・喉のかゆみ

・皮膚のかゆみ

・熱っぽい(ぼーっとする感じ)

・首や肩がこる

 

などの症状があります。

 

 

◯症状を軽くするには…?

一般的には薬で抗体の働きを

抑えることが多いですよね!

しかし、薬は眠気が強いものが多く、

また、眠気がないものだと

あまり症状が抑えられない…

という声も聞きました(~_~;)

 

他にもレーザー治療で粘膜を焼く方法も

ありますが、これは個人差があるものの

効果が1年程度と言われているようです。

 

 

◯整体で花粉症が…?!

えっ?!

と思う方多いかと思いますが

あなたの花粉症改善しますよ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

最初にもお話したように

花粉症は免疫反応が働いて

様々な症状が起こっているので…

 

単純な話、

『免疫反応が過剰になって

体にかかっている負担を取り除き、

自己治癒力を高めたらいい』んです( ^ω^ )♬♬

 

 

くしゃみや鼻水をすする動きって

こんな時期や風邪を引かない限りは

めったにしないですよね。。。

 

普段使わない首肩や背中の

筋肉の緊張をゆるめ、

血液の流れをよくしてあげて、

あとは身体全体のバランスを

整えてあげると自己治癒力は

高まりますヾ( ^ω^)ノ

 

その治療を続けてあげることで

結果的に花粉症の改善に

繋がるわけですね(*゚▽゚*)

 

治療だけでなくお家でできることといえば、

お風呂に浸かって巡りをよくしてあげたり

外食を控え、和食中心の食事にしたり

夜更かしをせず、規則正しい生活を心がけるなど

今の時期は忙しいから、と怠りがちな部分を

見直すといいですよ♪( ´▽`)

 

 

当院の治療でつらい

花粉症の時期を乗り越えませんか( `ω´ )!?

 

いつでもご相談ください♪

 

 

 

 

花粉症と肩こりの関係性

2017.04.04 | Category: 未分類,花粉症

こんにちは!
酒井です!
今回は花粉症と肩こりの関係性について話をしたいと思います!
寒かった冬も終わり暖かい春がやってくるとお花見シーズンに突入して楽しいイベントが盛り沢山なのでウキウキ気分の人もいるかもしれないですね♪

でもその反面春は花粉症で苦しむ人が増える時期でもあります!
この僕も花粉症が子供の時から患ってるため春は一年の中でも気が重い季節です!
花粉症はアレルギーの一つで体質が関係するため急に完治するというものではないので上手に薬等も服用しつつ少しずつ症状軽減を目指しましょう!
花粉症は眼が痒くなったり鼻水が出たりするのが代表的な症状ですが、それに伴い肩こり等も発生しやすくなります!
鼻がつまると息がしにくくなりその為普段使わない首や肩回りの筋肉も使い呼吸するため肩こりがある人は症状悪化し、ない方も肩こりが発生したりする事があります!
そんな花粉症ですが少しでも症状を軽くするために夜はしっかりお風呂に入り体を温めてストレッチ等を行い体をリラックスさせてからベットに入る様にしましょう!
質の良い睡眠は体の疲れをとるためにとても重要です!
花粉症の方は僕と一緒に上手に春を乗りきりましょう!

当院お勧めの玄米酵素

2015.10.15 | Category: いべんと,冷え 血行不良 体質改善,冷え性,自律神経失調症,花粉症,,食欲不振

担当の村上です!

今回は当院でお勧めの玄米酵素という栄養補助食品についてご紹介します。

玄米酵素とは玄米を発酵させたもので食物繊維がごぼうの4倍、酵素、ビタミンB群などのにより消化吸収がよくなり、きれいを支えるフェルラ酸、コウジ酸などが含まれています。

空腹のときに玄米酵素を食べると、食物繊維がお腹を膨らませるため、空腹感を減らすことにつながりダイエット効果があります。

また食べ物の分解を助けてくれるため、便秘や軟便でお困りの方には最適なものになります。

睡眠前に玄米酵素をとっていただくと睡眠中酵素の働きで体を再生するお手伝いをするため、目覚めが良かったり、疲れがよくとれるといった声を聞きます!

様々な栄養が取れますので野菜不足が気になる方にもおすすめです!

一日あたり約78円で顆粒状のものなので手軽にできます。

150円のペットボトルのジュースを1本我慢する代わりに玄米生活をはじめて健康への道を歩みましょう(*^_^*)

低体温について

2015.03.17 | Category: 低体温,冷え 血行不良 体質改善,冷え性,自律神経失調症,花粉症,

最近、低体温という言葉をよく目にします。

人間は常に体温を36度~37度くらいに保てるようになっていて、これが36度未満になってくると低体温と呼ばれるようになります。

低体温になると免疫力や基礎代謝が低下していきます。つまり、体温が1度下がるだけで

・太りやすくなる

・アレルギー症状が出やすくなる

・自律神経が乱れる

・ガン細胞の働きが活発になる

など、様々な症状がでてきます。

原因は生活習慣、特に食生活の乱れが大きく関わってきます。最近ではインスタント食品の取りすぎで脂肪や糖分が増える一方、ミネラルやビタミンが不足しがちになってしまっています。これが不足してしまうと食べ物からエネルギーが作れず、体温を上げることができなくなってしまいます。

低体温改善に必要なミネラルには亜鉛、鉄などがあります。牛肉やチーズ、豆腐などに豊富に含まれているので、これらの食品を普段の食生活に取り入れることがオススメです。また、糖分には体を冷やす作用があるので冷たい食べ物だけでなく甘い物の食べ過ぎにも注意しましょう。

たかが1度、されど1度。体温を上げることで毎日を元気に過ごしましょう。

 

花粉症と和食

2015.03.11 | Category: 低体温,冷え性,花粉症,

3月をむかえ暖かい日が、、とはまだまだいかず寒さが戻ってきたような感じもしますが、確実に季節を感じている人もいるのではないでしょうか?

そうです、「花粉症」です。

 

~吸入性アレルゲンによるI型アレルギー反応が関係し、くしゃみ、水性鼻漏すいせいびろう、鼻閉びへいを3主徴とする疾患を、鼻アレルギーあるいはアレルギー性鼻炎と呼んでいます。症状の好発時期により通年性と季節性に分けられます。

 季節性の大部分は花粉が原因であり、花粉症と呼ばれています。スギ花粉症は今でこそ認知度が高いのですが、昭和30年代終盤に発見された比較的新しい疾患です。

というように、昔はなかったというものでした。

さらに日本よりもアメリカの方がこの花粉症の発症は早かったようです。

スギなど、花粉を飛ばすようなものを植えたということ、自動車の排気ガスも原因の1つとして考えられます。

しかし、一番大きく変わったのが食事が洋食へと変わったことです。

この食事の変化が、抵抗力を落とす一番の原因となってしまいました。

抵抗力を考える目安としてよく体温が挙げられますが、昭和の初期ごろの平均体温は36.7℃であったと言われています。

しかし現在の平均体温は36.2℃と大きく下がりました。

これは食の変化がもたらしたものだと言われています。

皆さんも、もう一度「和食」を見直して花粉症に打ち勝っていきましょう。

 

 

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治