MENU
TEL LINE

ホーム > Blog記事一覧 > 足関節捻挫の記事一覧

愛媛マラソン

2017.02.15 | Category: いべんと,スポーツ障害,メンテナンス,ランナーズニー(腸脛靱帯炎),膝の痛み,膝痛,足ひきつり,足関節捻挫

こんにちは〜
担当は治療家の裕香です♪

2月の寒さに負けず熱いのはランナーたちε==ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

愛媛マラソンの前後でケアに来られる方が
大勢でした〜

初心者、アスリート、男女、年齢も様々な
それぞれの目標やゴールに向かって走る人たちの応援になる治療サポートできるのは嬉しいことです♪♪

怪我で多いのは
下半身の膝や足首でした。

ものすごく左右差のある
アンバランスな状態で
走り続けてカラダが悲鳴をあげている方々が来院されてましたね。

リラックスした状態で
仰向けで寝た時に足の向きは左右が揃っていますか??

左右の向きが違う方は
どこに負担がかかっているか
私たち松山鍼灸整骨院の専門家にはバレますよ(笑)

予防にも、アフターケアにも
体を知る事からはじまります。

自分の歪みはどうなのかを
確かめてみましょう!!

足だけじゃなくて…。

2016.11.19 | Category: メンテナンス,整骨院,未分類,膝の痛み,膝痛,足ひきつり,足関節捻挫

こんにちは。コタツが恋しい季節になりましたね(о´∀`о)

担当は渡部です。

 

 

先日、「右足が痛くなった」という方が来院されました。

痛みは右足外側の踵周辺にあって

歩けないことはないけれど立っているだけでも痛みがあるとのこと(・.・;)

 

人間は二足歩行で生活していますから

このままだと常に痛みを感じ続けることに…そんな毎日は嫌だ!!(ノД`)・゜・。

 

 

まず、体を確認して思ったのが…

 

「あきらかに右のふくらはぎと足の方が硬い!!(;゚Д゚)」

 

ですが、本人は全くの無自覚(*_*;

痛みがあるのは足だけだったので他のところは気にならなかったとのこと。

右足の骨間部も固まっていました…。

 

 

筋肉の硬さに左右差があるとバランスが崩れて負担が集中しやすくなりますし

骨間部が固くなると足のアーチが無くなる=足のクッションが無くなるので

これまた負担がかかりやすくなってしまいます((+_+))

 

バランスを整え、足の骨間部をゆるめてあげることで改善がみられました(^^)

 

痛いところの近くにも意外と原因が潜んでいるんです(。-`ω-)

 

 

サッカーで起こりやすいケガ

2015.06.16 | Category: ジャンパーズニー,スポーツ障害,半月板損傷,膝の痛み,足関節捻挫

こんにちは。今女子サッカーのワールドカップや男子サッカーのワールドカップ予選などサッカーの話題で盛り上がっていますが、今回はサッカーのプレーで起こりやすいケガについて紹介したいと思います。

半月板損傷 症状:半月板とは太ももとスネの骨の間に存在し、骨同士がぶつからないための役割をしています。そのクッションに傷がつくと、歩行、踏み込み、方向転換、しゃがみ、ジャンプなど、あらゆる膝の動きに支障がでます。

足首の捻挫 症状:捻挫は、手首や足首が関節の可動域を超えて捻じれたときに発生します。捻挫を起こすと炎症を起こし、痛みが生じます。また、痛みだけでなく、関節の機能低下も起こります。捻挫が起こるとき、大きな原因となるのが自分の体重です。手首、足首は、ある程度自分の体重を支えることができますが、関節が開いている状態で体重が掛かると、可動域を超えて捻じれ、靭帯が損傷することで捻挫が起こります。

ジャンパーズニー(膝蓋靭帯炎) 症状:膝蓋骨の下にある、膝蓋靭帯が痛くなる症状です。太ももの筋肉と膝蓋靭帯はつながっているので太ももの筋肉を使う、キック、踏み込み、ジャンプ動作などをすると、膝蓋靭帯に負担が集中して痛みがでます。ジャンプをするスポーツに多いケガのために、この名前がついています。

この様な症状がある場合は速やかに来院してください。急性の症状は早い対応が大事になってきます!!

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治