MENU
TEL LINE

ホーム > Blog記事一覧 > 2014 9月の記事一覧

自動車保険の豆知識

2014.09.30 | Category: 交通事故

今日は30日、0の付く日ということで交通事故ゼロ、事故後遺症ゼロを目標に活動しています。

その中で今回は自動車保険についての豆知識を紹介します。

 

★搭乗者保険

契約自動車の運転中に、運転している方、ご同乗の方がケガをした場合などに、

決められた損害賠償を保証してくれる保険です。

 

 

★人身傷害保険

自動車事故により、ケガや死亡した場合の損害額を過失割合に関係なく、

決められた損害額の全額を保証してくれます。保険によっては、歩行中の

交通事故や他の自動車に乗っている場合の事故まで保証されるものもあります。

 

★無保険車傷害保険

契約自動車の事故で搭乗者がケガや死亡した場合、相手が任意保険に加入していない、

または加入しているが十分な補償が受けられない場合に補償してくれる保険です。

当て逃げなど相手が不明な場合にも補償。

★弁護士費用補償特約

自動車事故で、相手との交渉を弁護士に依頼した場合に、交渉・訴訟・調停・仲介のための費用を

補償します。

 

※これらの保証は保険会社によって、ノーカウント事故として扱われます。事故を起こしても保険料が

上がるわけではなく、無事故と同様に翌年の保険料は変わりません。詳しくは保険の担当者に確認

してください。

 

寝違いについて

2014.09.24 | Category: 未分類

こんにちは。

酒井です。

今回は寝違いについて紹介します。

みなさんは今まで寝違いをされたことがありますか?

僕は小学生の時に一度だけ寝違いをしたことがあります。その時はとても痛くて首が全然動かなくなり最初何がおこったのかわからず怖かった思い出があります。

さて本題に入りたいとおもいますが、この様な寝違いはなぜ起こるのでしょうか?

この寝違いに関わることとして、寝ている際の首の位置と寝返りの有無があります。

私たちの睡眠時には基本的には寝返りをすることにより、体の姿勢特に首の位置は変化します。

そのように寝ている際にも体を動かして、人間の体は体が固まらない様に上手く調節する働きがあります。

ですがこの働きを妨害するものにより寝返りができなくなると、首の位置が一晩中変わらずにいると首や肩周りの筋肉が血行不良を起こして、朝には筋肉がこわばり筋の張りと痛みを起こします。

寝返りを妨害するものとして過度の疲労とアルコールの多飲です。

どちらも体の負担が大きく、寝返りするという体の機能を弱めてしまいます。

お酒の量も適量にして普段から質の良い睡眠をとり疲労をためないようにしましょう。

自宅でできるケアとして、無理に首を動かさずにカイロやお風呂で筋肉を温めて血行を改善することが大事です。

また当院でも治療を行なえますのでお気軽に来院されてご相談ください。

五十肩

2014.09.22 | Category: 五十肩,四十肩,関節痛

みなさんは、ケガをしたわけでもないのに肩が痛くなったり、腕が上がらなくなったり、

今までできていた動作ができなくなったりしたことはありませんか?

五十肩になると、老化などによって筋肉や腱の柔軟性が低下することで、これまでのようなスムーズな動きや

働きができなくなってしまいます。

すると関節では摩擦や衝突が起き、それが繰り返されることにより関節包や腱板に炎症が生じて痛みが出現します。

よく、「放っておいたら良くなった」という人もいますが、実は老化した部分に合わせるように

ほかの部分の機能を低下させることによってバランスを取り直し、痛くならないように使う学習をしただけで

治っているというわけではないのです。

痛みが強くでているときは無理に動かさず、保温をしましょう。痛みがなくなってきたら温めたり、

動かせる範囲でストレッチをしていきます。その後はだんだんと動かす範囲を広めながら、

ストレッチを継続していくと、今までと同じように肩が動かせるようになっていきます。

五十肩になっても放っておかず、正しいケアをしてきちんと治していきましょう。

 

 

腱鞘炎・ばね指

2014.09.18 | Category: 未分類

こんにちは!担当 裕香です~

三日前に手首痛めちゃいました~crying手首から手のひらの親指側…

すぐさま原因探究!!

・一番は手首を使い過ぎ?

治療ではいつも通りの手の使い方。むしろ手の力ではなく、体全体を使いますし、力は抜いた状態でソフト。三日前慣れない書き物を続けてしたことはあった。

・目の疲れ

書き物をしての目の疲れにより、肩~腕にかけての緊張。

・足の裏

履きなれない靴を長時間履いていたことで、血流を悪くした。ちょうど、関連がある手掌と同じポイントに圧痛。

 

これらを踏まえて。うちのスペシャリストの先生たちに治療してもらい改善早し!!!smiley筋腱を緩め、関節の動きをつけを正しい位置に。関連のあるところを体全体でのポイントをさぐり狙った治療。

早く回復してよかった~heart

 

 

 

 

寝違い

2014.09.09 | Category: 寝違え,肩こり

こんにちは!最近では夏のような暑さがなくなり、朝晩では少し冷たい風を感じる日もありますねsmiley

季節の変わり目のちょうど今、寝違いを訴えられて当院に来院される患者さんが増えてきているように思います。

寝違いとは寝ている間に首の筋肉、靭帯、関節などの組織の損傷で首の動作で痛みを伴う症状が一般的です。

枕の高さが合っていなかったり、慢性の肩こり、寝ている姿勢に問題があったりなど原因は様々です。

特に肩首のコリが強く筋肉の柔軟性が落ちると、負担のかかりにくい姿勢で寝ていたとしても次の日の朝寝違いになっていることが多いようです。

寝ている間は体温が下がりさらに、朝晩は少し冷える最近では寝違いが多い理由かもしれません。

症状は軽いものから重度なものまであり、プロスポーツ選手が寝違いで試合を欠場するという話も珍しくありません。

もし首を寝違えてしまった方、また最近肩こり等を感じる方、今の時季だからこそお身体のお手入れをしませんか(^^)

夏の疲れ残っていませんか?

2014.09.08 | Category: 夏バテ,肩こり,自律神経失調症,頭痛,食欲不振

みなさんこんにちは。

8月も終わり早くも9月となりました。

今年の夏は過去最短の日照時間と各地での豪雨と気候にも悩まされた年でもありました。

日照時間が少なかったということで例年の猛暑のようにうだるような暑さはありませんでしたが、

確実に夏の疲れはみなさんの体に蓄積されていると思われます。

その影響で、最近はぎっくり腰などの急性期の症状や不眠などの自律神経の乱れによる体の不調を

訴えられる患者さんが増えているようです。

特にこの自律神経の乱れという症状が厄介者で不眠、肩こり、頭痛をはじめ、あらゆる症状を引き起こして

しまいます。

 

この自律神経の乱れと大きく関係しているのが、体の疲れ、歪みとなります。

体は疲れを感じると歪みます。その歪みを放っておくといろいろな症状が出てしまいます。

まずは歪みをとって疲れを回復しやすい体の状態に戻すことが大切です。

夏の疲れが残っているなと感じる方はぜひ早めのケアをオススメします!

 

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治