MENU
TEL LINE

ホーム > Blog記事一覧 > 2015 2月の記事一覧

手根管症候群

2015.02.25 | Category: 未分類

こんにちは。今日は手根管症候群についてお話したいと思います。

手のひら側の付け根の部分には「手根管」というトンネルがあり、

このトンネルの中を「正中神経」という神経が通っています。

の正中神経が圧迫されることによって痛みやシビレが発生する病気を

手根管症候群と呼びます。

 

シビレは親指・人差し指・中指・薬指の4指に起こってきます。

このシビレは、目を覚ました時に強く出ますが、手を振ることで楽になります。

また、親指の付け根にある「母指球筋」という筋肉が痩せていき

ボタンをかける動作やつまむ動作ができにくくなってきます。

 

骨折や脱臼をしたときに合併して起こることがありますが

変形性関節症や関節リウマチが要因となることもあり原因は様々です。

特に女性に多く発症し、家事などよく手を動かす作業をしている

専業主婦のひとなどにもに多く見られます。

 

手の使いすぎが原因となっていることがよくあるので

その場合には、安静にすることももちろんですが

手首だけでなく腕の筋肉にも負担がかかっていることがあるので

腕の筋肉も一緒にほぐしてあげることによって血行が良くなり

症状の改善につながることがあります。

なので腕が硬く張っているような人にはマッサージもおすすめですよ。

肩こりについて

2015.02.24 | Category: ツボ,五十肩,四十肩,寝違え,未分類,肩こり,頭痛

こんにちは。

今回は肩こりについて紹介したいと思います。肩こりでお悩みの方は多いと思います。中には肩こりは不治の病のような感覚で一生治らないように感じている方もいますが、多くの肩こりは改善される事が多いです。

ではなぜ肩こりが治らないと思われているかというと、肩こりの原因には生活習慣が関係しているケースが多いためです。

どんなに肩や首をマツサージして一時的に筋肉の緊張がとれて楽になったとしても、原因が残れば暫くすればまた肩こりの症状は発生してしまいます。

生活習慣での原因にも様々ありますが、例えばテレビの見方が悪かったり、普段の姿勢が悪くて猫背気味などがあります。

このような体に対してストレスな動作はなるべくしない事が大切です。

また普段からの柔軟体操や軽い運動なども意識して行いましょう。

 

 

交通事故0(ゼロ)、健康○(マル)

2015.02.19 | Category: お知らせ

当院のらぶまるデーをご存知でしょうか?

0(ゼロ)が付く日♪10日20日30日♪

♦交通事故0 後遺症0を目指して呼びかけています(^0^)

事故治療は整骨院でできます!病院と併用しての治療もできます。(※健康保険とは基準が違います。詳細はお問い合わせ下さい)

♦手軽にできる玄米食!玄米酵素のプチ講座!今年から毎月20日に開催してます!便秘、胃がもたれる、疲れやすい、栄養の偏り、肌の調子が悪い…腸美人ですっきりしたカラダつくりしましょう!

興味のある方はぜひこの日にお越しください☆

 

日光を浴びよう

2015.02.18 | Category: うつ病,日光,自律神経失調症,骨粗鬆症

今日は日光についてご紹介します。

日光を浴びるということを普段あまり意識している人の方が少ないと思いますが、日光を浴びることにより体にたくさんのいい影響をもたらしてくれます。

まずはサーカディアンリズムといい、体内時計が朝日を浴びることでリセットされます。朝日を浴びないと体内時計が少しずつ乱れ体の不調につながります。

続いて、朝日を浴びるとセロトニンという物質が脳内に分泌されるのですが、そのおかげで脳は正常に働きます。脳内セロトニンが減ると脳の働きが鈍くなったり、うつ病の原因になったりすることがあります。

最後に、日光に浴びることでビタミンDが体内合成され活性化されます。ビタミンDは体内でカルシウム合成に司るビタミンなので、骨が丈夫になります。骨が柔らかい子供や高齢の方は特に大事です。

以上のことから日光を浴びるということはとても大事です。

なんとなく体に不調を感じる方はしっかり日光を浴びることで改善されるかもしれませんよ!(^^)!

 

仙腸関節炎 腰痛

2015.02.18 | Category: ぎっくり腰,メンテナンス,仙腸関節炎,腰痛症,骨盤矯正

こんにちは。今回は「仙腸関節炎」についてご紹介します。

あまり聞き慣れない言葉ですが当院に来られる患者さんでこの症状に当てはまる方は多いように感じます。

仙腸関節とは腰の下の方にある骨盤の関節になります。あまり動かないとされる関節ですが、なにかしらのきっかけで関節がずれたり、ひずみが起こると炎症になり痛みになります。

炎症がとれ痛みが無くなったとしても関節のズレ、ひずみがある場合はすぐに症状が再発してしまうケースが多いです。

痛みを取り除く方法、症状の予防は筋肉のバランス、骨盤のバランスが大事になってきます。

バランスは自分ではなかなか気づきにくいところなので、日頃のメンテナンスが必要です。

疲労がたまった時にバランスが崩れやすくなるので、疲れを感じるときに一度お越しください!(^^)!

 

有痛性外脛骨

2015.02.17 | Category: スポーツ障害,関節痛

こんにちは~♪担当 ユカです

今日は外脛骨について~

「足の内側に突出している骨が痛い!」「運動したら土踏まずが痛い!」

運動をよくしている小学高学年から中学生によく見られ女子によくみられます。外脛骨(がいけいこつ)は足部中央の内側にある過剰骨のひとつです。

靴による圧迫や捻挫によって発症する場合や、扁平足やO脚の方に多く見られます。

成長期の子供さんは痛みを我慢して運動を続けてひどくなったり、運動前後のストレエッチ不足からおきることもあります。

早く治すためには股関節の動きから修正し、テーピングやインソールなどで足のアーチを作ることが大事です。

現在通院中の小学生のバレー部の女の子。ストレッチを自ら進んでするようになり、どこがどういう時に痛むかのか本人が自覚し意識も変わってきました。親御さんにもテープの巻き方を覚えて頂き、治療院と自宅のケアを一緒にしてもらうようにしました。

本人の意識と周りのサポートがあってこそ治る力は発揮されますね(^^)♪

 

疲労骨折

2015.02.12 | Category: スポーツ障害,偏平足,疲労骨折

先日の愛媛マラソンは過去最高の参加人数で、松山鍼灸整骨院の患者さまも

多数参加されました。

残念ながら抽選に外れてしまった人は、違う地域のマラソン大会に参加される方も多いようですし、シーズン中はいくつかのレースに参加される方もいるようです。

そこでもっとも気を付けなければならないのが、「疲労骨折」です。

フルマラソン完走のために、毎日の練習で、何キロ、時には何十キロという距離を

繰り返し走ることで確実に疲労は蓄積します。

そこで適切なケアや治療ができないと、骨折という大きなケガにつながりかねません。

ランナーの人に特に多いのが「中足骨骨折」といわれるものです。

場所としては「足の甲」のところの骨折です。

この骨折はなかなか厄介なところで、場合によっては手術が必要なこともあるほどです。

足の先ということで血液が回りにくく、回復もじかんがかかることがおおいです。

しかし、疲労骨折の前には必ず、その「前兆」があります。

ほとんどはその前兆が痛みを伴うものなので、わかりやすいかと思いす。

しかし、痛みが出てもすぐ疲労骨折までにはならないため、無理をして

悪化させてしまうケースがほとんどです。

フルマラソンを完走するにはどうしても、練習が必要で、また期限もあることから、オーバーワークになりがちですが、日々のケアや早めの治療で、けがを未然に防いで、楽しいマラソンシーズンにしましょう!

2月の養生法

2015.02.12 | Category: はり治療,めまい,自律神経失調症

2月も半ばに差し掛かり、寒さも厳しい季節となりましたがみなさんお身体の調子はいかかでしょうか?

2月というと「真冬」というイメージですが、旧暦では1月~3月あたりを「春」としていました。

ですから、お正月には迎春、2月には立春という言葉を今でも使うのです。

そこで今回は「春」にちなんだ養生法をご紹介したいと思います。

~『風邪』を防ぐ
春はよく風が吹きます。これが人体に悪影響を与えると『風邪(ふうじゃ)』という春に最も多い病気の原因となり、さまざまな伝染性の病気を引き起こします。『風邪』が体内に入り込んで重大な病気を引き起こさないように予防することが春の最重要課題といえます。

2.寒暖の変化に注意する
春は、冬から夏への移行期間ということができます。冬の寒気と夏の暖気が入り混じって、寒かったり暖かかったり、晴れたり曇ったりと、気候が不安定なときです。気候の変化に過敏な人は適応しきれないことも多くあります。生活のリズムを調えるよう注意が必要です。

3.肝臓を落ち着かせる
中国医学の五行理論では、春は肝臓に相応しています。陽気が盛んな季節なので肝臓の気も旺盛になりがちです。肝臓の気が盛んになりすぎると、高血圧、眩暈、肝炎などになりやすくなります。また肝臓の気は精神状態にも大きな影響を与えますので、精神分裂症、躁狂症などの患者は、天気の変化によって症状が悪化したり、発作を起こしたりということがあります。肝臓の気を落ち着かせて精神の安定を図るようにしましょう。

4.気候の変化に対応する準備を
寒いときは体が縮こまって気や血液の流れも滞りがちになり、温かいときは気血もスムーズに流れます。このように気候の変化は気血の運行にも大きく影響を与えています。
 春になって気温が上昇してくると、気血の流れも活発になり新陳代謝が加速します。健康な人にとって、この変化は心地良く感じられるでしょうが、体力のない人やお年寄り、子供にとっては負担になることがあります。潜伏していた病気が再発したり、慢性病の症状が悪化したりというのも春の大きな特徴です。早めの準備と対策が必要といえます。

みなさんも季節に合わせた養生を心がけるようにしましょう。

アキレス腱滑液包炎

2015.02.12 | Category: スポーツ障害

こんにちは。今日はアキレス腱滑液包炎についてお話したいと思います。

かかとと皮膚とアキレス腱の間には衝撃を吸収するクッションのようなものがあり、

これを「滑液包」と言います。

長時間の歩行などによって、この滑液包とアキレス腱とこすれることで

炎症が起こります。

痛みは、かかとのでっぱりの部分に感じます。

そのほかにも腫れや熱感、圧痛などの症状があります。

よく足を使うスポーツに発生しますが靴との関連も強く、

ハイヒールを履いてオシャレをする10~30代の若い女性にも多くみられます。

ほかのスポーツ障害と一緒で、まずは炎症を抑えるためにアイシングをします。

長時間放置してしまうと、しこりができて痛みが慢性化してしまうので

熱や腫れが引いた後は足からふくらはぎにかけてストレッチをして

十分にほぐしていきましょう。

また、靴のかかとの部分を広げたり、パットを入れてかかと部分の負担を減らすなど

靴の方も工夫することで痛みを減らすことができますよ。

 

 

 

 

マラソン

2015.02.10 | Category: スポーツ障害,メンテナンス,ランナーズニー(腸脛靱帯炎),腰痛症,膝の痛み,足ひきつり

2月8日に愛媛マラソンに参加された皆さん!

お疲れ様でした!!

 

受付スタッフの西原です

昨日より、マラソン完走したという嬉しいご報告が続いておりますsmiley

・完走する事

・タイムを縮める事

・楽しんで走る事  など

皆さん目標はそれぞれですが、それを達成した時は最高ですよね

喜びを共有できることで、周りまで嬉しい気分になれます♪

 

2月15日の高知マラソンに出場される方もちらほらいらっしゃいます

皆さんベストをつくせますように!!

応援しています!!

 

マラソン前後のメンテナンスも、お気軽にお越しくださいenlightened

 

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治