MENU
TEL LINE

ホーム > Blog記事一覧 > 2017 12月の記事一覧

肩こりの原因と対処法/松山市 肩こり

2017.12.26 | Category: 五十肩,四十肩,肩こり,頭痛

つらい肩こり、頭痛、五十肩でお悩みの方は松山市の松山鍼灸整骨院におまかせください。

 

 

腰痛と並んで現代人の悩みの種である「肩こり」。首から背中、肩や腕に鈍い痛みや圧迫感、違和感、不快感を感じたことのある人は多いと思います。肉体的、精神的なストレス、自律神経の乱れなど様々な影響で肩周辺の筋肉が緊張して血行不良となります。

今回はこの「肩こり」について原因と対処方法をお伝えしていきます。

 

 

 

日常生活での原因

 

① 同じ姿勢でのデスクワーク

 現代の仕事ではパソコンを使わない職業の方が少なくなっています。長時間同じ姿勢で パソコンに向かっていることで、肩や首の周りの筋肉が緊張してしまい肩こりに繋がってしまいます。

 

 

② 眼精疲労

 スマホやパソコンを多用する現代人はかなりの割合で目の疲労が顕著です。その他はメガネの度合いがあっていないなども原因になります。目のまわりの筋肉が緊張すると次第にそれが首や肩の緊張に繋がってしまうのです。

 

 

③運動不足による筋肉疲労と血行不良

 日頃から適度に体を動かすことはとても重要です。筋肉は普段使われていないと固くなり、緊張や疲労が起こりやすく、肩や首にも影響があります。運動不足は全身の血行不良を招き、肩こりの原因になります。

 

 

④寒さによる緊張

 寒い場所や冷房の効いた部屋で長い時間過ごしていると体に不自然な力が入り、筋肉が緊張してしまいます。

 

 

⑤自律神経の乱れ、内臓の不調

 不規則な生活や食生活が乱れると、それに伴って自律神経も乱れてきてしまいます。自律神経は筋肉の緊張を調整しているので、不調になると緊張状態が続いてしまいます。さらに暴飲暴食や偏食で内臓が疲れてくると、血流が悪くなり肩こりの大きな原因となってしまいます。

 

 

 

肩こりをともなう疾患

 

①四十肩、五十肩

 正式名称は「肩関節周囲炎」といいます。その名の通り肩関節に炎症が出ている状態ですが、その根本的な原因は肩の周りの筋肉が緊張して固まってしまっているためです。ただの肩こりが、肩関節の方まで及ぶと、肩が上がらない、動かすと痛い、夜寝ているときに痛むなどのつらい症状が出てきてしまいます。

 

 

②変形性頚椎症、頚椎ヘルニア

 加齢とともに、首の骨と骨との間の「椎間板」というクッションがすり減り、固くなってきてしまいます。それだけでは痛みなどの症状は出ませんが、それにともなって肩や首回りの筋肉も緊張しやすくなります。この筋肉の緊張が長い時間続いてしまうと首の骨自体が変形してきたり、腕にしびれをともなうヘルニアになってしまう恐れもあります。

 

 

③更年期障害

 閉経前後の約10年間を更年期といいます。女性ホルモンのバランスが急激に変化することでさまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。症状には、疲れ、だるさ、のぼせ、イライラ、不安感など多岐に渡ります。このような症状の中でも共通して多いのが首や肩のこりです。常に緊張したような状態になっているので首、肩、背中周りが硬くなる可能性が高くなります。

 

 

④高血圧

 首、肩周りの筋肉が緊張すると、筋肉の中にある血管も締め付けられてしまいます。特に首には血圧を感知するセンサーがあるために首、肩こりから高血圧になってしまうこともあります。

高血圧は脳梗塞、心筋梗塞などさまざな病気に繋がってしまう恐れのあるものですが、最初は単なる肩こりから始まる人も少なくはありません。

 

 

 

予防&対処法

 

①体を動かして血行を良くする

 短距離走のような激しい運動ではなく、全身の筋肉をバランスよくゆっくりと使う「有酸素運動」を行うようにしましょう。ウォーキング、サイクリング、水中ウォーキング、ストレッチやラジオ体操などがオススメです。

 

 

②首や肩を冷やさない、温める

 夏のクーラーによる冷やしすぎ、冬の寒さによる体の冷えは筋肉を緊張させ、肩こりの原因になります。冷気をなるべく避け、マフラーやカイロをうまく使うようにしましょう。毎日の入浴で首肩まで温まるということもとても重要です。

また冷たいものの食べ過ぎや飲みすぎで、内臓から冷えてしまうことにも注意が必要となります。

 

 

③パソコン、スマホ

 パソコンの画面との距離は40㎝以上離すようにしましょう。目線が上になると目の負担が増すので下になるようにします。椅子に腰掛ける時は深めに、背筋が伸びるのが理想です。キーボードは肘の角度が90℃~100℃くらいで使用することでリラックスできます。

スマホの長時間の使用も体にはかなりの負担をかけてしまいます。パソコンは1時間に1回、スマホは30分に1回程度の休憩、または背筋を伸ばすだけでも負担軽減の効果があります。

 

 

 

整体+鍼灸でつらい肩こりを解消

 普段の生活で悪い姿勢が続いてしまったために筋肉の緊張状態が続き、血行不良となることで起こる「肩こり」。

整体でゆがんでしまったバランスを整えて、はり治療で深部まで固まってしまった筋肉の緊張をやわらげてあげることでつらい肩こりは解消していきます。

 

松山鍼灸整骨院では以前からの慢性的な肩こりを始め、それにともなう頭痛、めまい、耳鳴りまたは五十肩などにも対応しております。整体と、骨盤調整、はり治療の中から症状、ご希望に合わせて最適な治療方法であなたのお悩みを解決いたします。

 

お気軽にご相談ください。

 

〒790−915

松山市松末1−5−10

松山鍼灸整骨院

TEL 089−933ー8113

「腰痛を治す」にはお尻をやわらかく! 松山市/腰痛

2017.12.19 | Category: 腰痛,腰痛症

何年も前からの慢性腰痛、急なぎっくり腰による腰痛、ツライ腰痛でお悩みの方は

松山市の松山鍼灸整骨院におまかせください。

 

 

「朝起きたら腰が痛い」「座っていると腰が痛む」「かがむと腰に痛みが走る」など…

腰痛にお悩みの方は多くいるかと思います。日本人の85%が腰痛を経験すると言われています。

最初は気になる程度から始まる腰痛ですが、進行していくと、足のシビレを伴い、手術の可能性も

あるので腰痛を軽く考えてはいけません。

 

 

 

今回は腰痛の大きな原因の一つでもある「お尻の筋肉の硬さ」について解説していきます。

腰痛の原因を知れば、腰痛にならないために気を付けることを知ることができるはずです。

 

原因は・・・「お尻」?

 

上の図のようにお尻の筋肉「中臀筋」という筋肉は腰の下、骨盤の骨に沿うような形で

着いています。この筋肉は長時間同じ体勢でいると必ず硬くなってしまします。

☑️デスクワークで長時間座りっぱなし

☑️立ち仕事で何時間も立ちっぱなし

☑️長距離のマラソン、激しいスポーツをする

 

などなど、この中臀筋が硬くなる要素は現代人の生活の中にあふれています。

腰痛でお悩みの方はほとんどの方がこの筋肉がガチガチに固まってしまっています。

 

 

 

中臀筋は丁度、上半身と下半身の間に着いています。間にあることによって上手くバランスを

とってつなぎ合わせてくれるサスペンダー的な役割をしてくれています。

言いかえれば、自電車でいうチェーンのようなものです。前のタイヤと後ろのタイヤが

チェーンによってうまく連動して動きます。

では、ここが硬くなるとどうなるでしょうか?

 

 

 

 

ペダルを踏んでもうまく動かないので、ギアやタイヤなど様々なところに負担がかかってしまいます。

これが人間の体でいうと「腰痛」の状態になります。

ですから、中臀筋が硬くなると

「立っていると腰がダルイ」

「歩くのがしんどい」

 

などの症状があらわれます。さらに進行すると、太ももの裏やふくらはぎまでダルさを感じ、場合に

よってはシビレを伴うようになります。

 

 

 

 

お尻をほぐすと腰痛が軽くなる

 

中臀筋は腰痛、さらには坐骨神経痛などをはじめとする腰周辺のさまざまなトラブルに関係しています。

ここをほぐすことで腰痛が大幅に軽減することがあります。

 

ここはぎっくり腰のような急性的な腰痛の場合にも効果があるポイントです。直接、腰の筋肉を

刺激しすぎると逆効果になる場合があるのでまずはこのお尻の筋肉からやわらかくしていきます。

 

 

 

腰痛をセルフケアで撃退しよう

 

腰痛の人はこの中臀筋がガチガチに固まっている人が多いので、マッサージで刺激すると

結構痛みを感じます。ただ、痛すぎない程度、気持ち良さが残る程度なら、強めに刺激を

しても問題ない場所でもあります。

 

 

 

自分でこの中臀筋をマッサージする時は横向きに寝てリラックスして行うのがベストです。

親指や中指と薬指または、手根部(掌の手首に近いところ)など、自分でやりやすいところを

使ってマッサージしていきましょう。 

自宅以外など、寝るのが難しいような状況でしたら、立ったままですることも可能です。

うまくやわらかくすることができれば、腰痛もかなり楽になるはずです。

 

 

 

 

それでも、この中臀筋は疲労がたまりやすく、すぐに硬くなってきやすい部分でもあります。

自分でやってみてもなかなか腰痛が改善されない方、いったんは楽になるけど、またすぐ

もとの痛みが出てきてしまう方もいるでしょう。そういった方は自分だけではなかなかほぐす

ことのできない「深部の筋肉」が硬くなっている可能性が高いです。

 

 

 

松山鍼灸整骨院ではそうした深部の筋肉が硬くなってしまった腰痛にもしっかりとアプローチ

していきます。整体でバランスを整え、鍼灸で深い筋肉をやわらかくすることで頑固な腰痛も

解消していきます。自分でやってみても効果が少ない方、長い間腰痛でお悩みの方はぜひ一度

ご相談ください。

 

 

 

〒790−915

松山市松末1−5−10

松山鍼灸整骨院

TEL 089−933ー8113

「腰痛の原因」/松山市 腰痛

2017.12.11 | Category: 腰痛,腰痛症

 

腰痛、肩こり、その他お体のお悩みは松山市の

松山鍼灸整骨院におまかせください。

 

「朝起きたら腰が痛い」「座っていると腰が痛む」「かがむと腰に痛みが走る」など…

腰痛にお悩みの方は多くいるかとお思います。日本人の85%が腰痛を経験するといわれています。

最初は気になる程度から始まる腰痛ですが、進行していくと、足の痺れを伴い、手術の可能性も

あるので腰痛を軽く考えていてはいけません。

今回は腰痛の原因である「背骨のゆがみ」、またそれを引き起こす「筋肉の硬さ」について

解説していきます。腰痛の原因を知れば、腰痛にならないために気をつけることを知ることができるはずです。

 

 

背骨と腰痛の関係

背骨を横から見てみると、まっすぐの直線ではありません。

首が前、背中が後ろ、腰が前と言ったようにS字型のカーブを描いています。

 

なぜこのような構造にななっているのでしょうか?それは、まっすぐだと

と飛び跳ねるなどの衝撃があった時に直接脳に振動が伝わってしまうからです。

S字になっていると衝撃を逃がしてあげられるので、脳はもちろん、体全体の

負担も少なくて済みます。

 

 

この「背骨が何らかの影響でゆがんでしまう」とS字によるクッション性が

ななくなって、腰にかなりのダメージをあたえてしまいます。これが腰痛の

大きな要素になります。

 

では背骨はどうしてゆがむのでしょうか?

それは「筋肉が硬くなる」からです。筋肉は背骨にくっついているので、疲労や使いすぎ

によって筋肉が硬くなってくると背骨も引っ張られてゆがんできてしまいます。

 

筋肉はレントゲンなどの画像検査には写りません。

原因が特定できないのはこのためです。

 

筋肉が硬くなる主な原因

姿勢の悪さ・一定の姿勢

長時間同じ姿勢でいると筋肉は硬くなってしまいます。デスクワークでのパソコン作業、

スマホの使用など悪い姿勢で長時間同じ状態になりやすい人も多いでしょう。30分から

1時間程度で姿勢を変えるのが理想的です。デスクワークの方は時間を決めてこまめに

背筋を伸ばす、立ち上がるだけでも負担は軽くなります。

 

過度の運動や使いすぎ

激しいスポーツや重いものを運ぶなどの肉体労働でも当然筋肉が疲れて

硬くなります。運動の前後はストレッチを十分にしましょう。普段から

お仕事で体を酷使する方は入浴や睡眠の時間を十分にとっていくことが重要です。

 

筋肉の衰え

運動不足や加齢のために筋肉が衰えてくると柔軟性も

失われるために筋肉は硬くなります。普段から歩く習慣や柔軟体操

体を柔らかく保つことを心がけましょう。

 

骨の老化

年齢により骨が老化し弱くなると体を支えるために筋肉に負担がかかります。

特に閉経後の女性はホルモンバランスのの変化によって骨粗鬆症になりやすいので

注意が必要です。食事は小魚を取り入れるのが一番の理想です。また、砂糖を摂りすぎると

骨が弱くなりやすいので間食には注意しましょう。

 

内臓の疲れ

筋肉が硬くなる原因の大きなものとして内臓の疲れもあります。食べ過ぎ、

飲み過ぎはもちろん、

冷たいものや甘いもの、辛いものなども内臓にダメージを与えます。

内臓が疲れると周りの筋肉は防御反応が起こって硬くなってしまいます。

食生活も振り返ってみてください。

 

 

上にあげた例が筋肉を硬くして背骨を歪める原因になります。

そしてその状態が腰痛につながってしまうのです。

ご自身の生活を振り返ってみて少しでも改善してみてください。

 

 

松山鍼灸整骨院では整体と鍼灸、骨盤調整などを組み合わせて治療していきます。

腰痛の原因となる筋肉を柔らかくすることによってお体のバランスを整え、

腰痛を解消していきます。つらい腰痛でお悩みの方、少しきになる程度だけど

今後が心配の方はお早めにご相談ください。

 

 

〒790-0915

松山市松末1-5-10

松山鍼灸整骨院

TEL 089-933-8113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【最新】ギックリ腰になったら温める?冷やす? /松山市 腰痛

2017.12.06 | Category: 未分類

From 松山鍼灸整骨院より

 

こんばんは!

腰痛相談員 三浦です。

 

 

12月に入り、気温がぐっと低くなってきましたが、

みなさま体調はいかがでしょうか?

 

 

この季節最も注意したいのが突然の「ギックリ腰」です。

気温が低くなって筋肉が硬くなりやすいのはもちろん大きな原因となります。

 

 

 

プラス、特にこの年末年始は忘年会にクリスマス、また忘年会にお正月、そして新年会

と暴飲暴食しやすく生活リズムも大きく崩れてしまう季節です。

私は違います…という方は大丈夫かもしれません(笑)そうだという方は要注意です。

内臓に過度の負担をかけてしまうために、周りの腰が硬くなり、急なギックリ腰に襲われる

危険性が高くなります。

 

 

 

 

もちろんギックリ腰にならないためにその事を踏まえて過ごしていただくのが一番です。

しかし、予定が入っていて仕方ない方、楽しみにしている方もいるかとおもいます。

ですので、今回はもし、ギックリ腰になってしまった後の対処法についてお話しして

いきたいと思います。

 

 

ギックリ腰は「急性腰痛」ともいい、「腰椎捻挫」という診断名がつきます。

捻挫というとよく足首を捻ると腫れるのでアイシングして冷やすイメージを持たれる

方も多いかと思います。でも腰痛というと温めると楽になると思われるでしょう。

ではギックリ腰の場合は一体どっちなのでしょうか?

 

 

 

答えを先に言うと「温める」です。これは専門家でも間違いをしてしまう

ケースが非常に多いです。少し前まではギックリ腰は急性的なもので炎症が起こって

いるから冷やすものだと考えられていました。しかし、そこに落とし穴があったのです。

 

 

 

そもそも、ギックリ腰とは突然、急激な腰痛に襲われる症状ではありますが、

その「前段階」が必ずあります。仕事が忙しかったり、休みがなかったりなど、

過度の疲労や負担がかかっていて、必ず筋肉が硬くなっています。それは腰だけに限らず、

全身的に硬くなってしまっています。

 

 

 

ですから、そのように筋肉が硬くなって起こってしまったギックリ腰は

冷やすとさらに筋肉を硬くする可能性があるので、温めて筋肉の緊張を

緩めてあげる必要があります。この様な理由でギックリ腰になったら

「温める」事を優先した方がよいのです。

 

 

 

また最新の研究ではアイシングは効果がないということも言われています。

この事はまた別の機会にお話しできればとお思います。

 

 

 

何よりまず、ギックリ腰にならないことが大切ですので、

「少しおかしいな?」

「最近忙しいな」

と思われる方は早めのケアをしていきましょう。

 

 

 

松山鍼灸整骨院はギックリ腰の患者様、ギックリ腰になりたくない患者様ともに

サポートしていきます。

 

 

 

 

〒790-0915

松山市松末1丁目7-30

松山鍼灸整骨院

TEL 089-933-8113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治