MENU
TEL LINE

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

はり治療のススメ

2018.09.21 | Category: 未分類

~あらゆる不調に効果を発揮する特効薬!~

 

 

 

 

腰痛、肩こりはもちろんのこと神経症状、頭痛から内臓の不調まで幅広い症状に効果のある「鍼治療」。ではなぜ、このように多くの症状に対して有効なのでしょうか?それはそもそも身体のほとんどの不調が「筋肉のこり」が原因になっているからです。

 

 

 

人間の身体は疲労や精神的ストレス、暴飲暴食などの負担を受けると防御反応として筋肉が緊張して硬くなります。筋肉が硬くなると、血行不良が起こり、近くの神経も過敏になります。この状態が長く続くと痛みや不快感といった不調になるというメカニズムです。

 

 

 

 

 

この「筋肉のこり」に「ピンポイントに届く」のが鍼治療最大のメリットでありまた「鍼治療が唯一の方法」になります。

 

 

 

はり治療Q & A

 

 

 

 

 

 

 

鍼治療は痛みがありますか?

 

多少の刺激はあります。お身体の状態や場所によって感じが強かったり、または何も感じないこともあります。8割から9割の方は「気持ちいい~我慢できる程度」の刺激です。子どもさんでも受けられています。

 

 

 

 

 

どの様な鍼を使いますか?

 

当院で使用する鍼は全て使い捨てとなっています。感染症等の心配はありません。また純日本製の最高品質のものを使用していますので刺激やお身体への負担も少なくなっています。

 

 

 

 

 

鍼治療を受けた日はお風呂は大丈夫でしょうか?

 

問題ありません。しかし、すぐにお風呂に入ってしまうと効果が薄れる場合もありますので2時間以降の入浴をオススメしています。当日はシャワーか短い時間が理想的です。

 

 

 

 

 

 

鍼治療の効果を実感 ~好転反応と瘀血~

 

好転反応とは

 

 

鍼治療をすると体の筋肉が緩んで体の血液が一気に流れ始めます。そのために当日から長い人だと2,3日の間「体がダルく」なったり、場合によって「一時的に痛みが増す」ことがあります。体質や症状の程度にもよりますが、「体が良くなろうとするサイン」でもあるので心配はありません。

 

 

 

 

瘀血(悪血/おけつ)とは

 

 

 

 

痛みなどの体の悪い状態の場所は血液の流れが悪く「一ヶ所にドロドロの血が溜まっている」可能性が高いです。これを「瘀血」と言います。その場所に鍼をすると出血しやすいので後で「青あざ」になる場合があります。瘀血は体の外に出してあげる方が良いので青あざができるとビックリされるかもしれませんが、これも良くなるサインの一つになります。

 

 

 

 

はり治療は一般的なイメージより受けていただきやすく、とても治療効果の高いものです。はり治療に興味がある方、はり治療で効果を高めたい方お気軽に松山鍼灸整骨院にご相談ください。整体と組み合わせて治療効果をさらに高めていきます。

 

 

 

 

 

 

メニュー・料金

 

整体+はり治療  ¥4,000

 

*整体で全身のバランス(筋肉・骨格)を調整し、痛み・シビレなどの体の不調を解消していきます。

また、はり治療でより深いところにアプローチして効果を高めます。

 

 

 

松山鍼灸整骨院

〒790-0915
松山市松末1丁目5-10
TEL 089-933-8113

 

 

 

 

【骨盤矯正】脚を組むと骨盤歪みます!

2018.09.14 | Category: 骨盤矯正,骨盤調整

 

 

 

こんにちは!

松山鍼灸整骨院 酒井です。

今回は題名の「脚を組むと骨盤歪みます」

について話をしていきます!

 

 

 

 

 

 

 

当院に来られる患者さんの症状は様々ですが、共通して体に出ている変化は体の歪みです。

更に細かくいえば体幹部や骨盤の歪みです!

 

 

人間の体は利き手や利き脚等があるので、完全に左右対象に体を動かす事は難しいです。

 

 

ですが可能な限り左右差がない方が体にストレスはかかりにくくはなります!

簡単に説明すると例えば右手だけで荷物を持ち続けたり、子どもを抱っこしたり、片足立ちで立ち続けたりするとすぐに疲れますよね!

 

 

 

疲れるだけならまだしも体に疲れやストレスが溜まると、血行が悪くなり体がどんどんかたまってきます!

体が硬い人は疲れが溜まりやすくなったり、簡単に怪我をしたり体調を崩しやすかったりと、踏んだり蹴ったりな状態になりやすいです!

 

 

 

そんな状態になってしまう原因は例えば食生活の乱れや運動不足或いは質の悪い睡眠などが考えられますが、このような原因のキッカケとして体の歪みが関わっているケースがあります!

 

 

普段から食事の内容を気をつけてバランス良く食べてるはずなのに、なかなかお腹の調子が良くならない事とかないですか?

体の歪みがあるとお腹や背中の筋肉が硬くはってきます!

 

 

硬い筋肉は血行が悪くなっていて、血行が悪くなると体が冷えてきます。

体が冷えると腸の動きも悪くなり消化不良をおこしてしまいます。

 

 

そういう状態になると体に良い食べ物を食べたり、しっかり噛んで食べても中々お腹の調子が整えにくくなります。

急には体の歪みはとれないので、まずはお腹の冷えを防止する為に冷たい飲み物をまとめて取りすぎないようにしたり、体を冷やす作用があるアルコールや甘いものをなるべく避ける事も必要です!

 

 

 

 

 

 

 

最近は涼しくなり過ごしやすくなりましたが、腹巻き等を利用してお腹を温めるのもお勧めですよ!

 

 

体の歪みは運動や睡眠に対しても悪影響が出てしまいます!

体が歪んだ状態では体の使い方がおかしくなるので、スポーツ中に怪我をしたり怪我をしなくても筋肉のつき方も左右差が出てしまいます!

すると余計に体が歪んでしまいます!

 

 

 

次に睡眠に関してですが、体が歪んだ状態は本人は意識しにくいですが体に力が入ってしまってリラックスしにくい状態になっています!

 

 

夜にぐっすり眠る為のコツ

 

 

 

それは…

①お風呂にゆっくり入る

②お風呂入ってから寝るまであまり時間あけない

③携帯電話やパソコン等のブルーライトをあまり浴びない様にする

④寝るときの格好は体を締め付けない服装で!

⑤ベッドには眠たくなってから横になる

 

 

このようなポイントがありますが、共通していえる事は体をリラックスする事が大事だという事です!

 

 

体が歪んだ状態は無意識に力が入っている状態なのでリラックスできずに眠りが浅くなりがちです!

 

 

 

先ほども言ったように体の歪みはすぐには治らないので、とりあえず応急措置として夜寝る前にストレッチをして体を少しでもリラックスさせてあげてくださいね^ ^

 

 

この様に体に悪影響しか与えない体の歪みは早めにとってあげる事が大切です。

当院の治療は痛みだけでなく、体の不調を起こす体の歪みも改善する治療法になっています。

 

 

治療を続ける事で体の歪みが改善し、本来の正しい状態になります^ ^

 

 

 

 

 

 

ただしここで大切になってくる事は題名にもあった脚を組む事を意識して止める事です!

 

 

人間の体は悪くなるのは一瞬、良くなるのは時間がかかります。

脚を組むと折角正しい位置に戻った骨盤がまた歪んでしまいます。

 

 

 

 

治療しては歪みがとれ、脚を組むと歪むの繰り返しでは意味が薄れますよね!

最初は難しいかもしれませんが、脚を組んでしまった時は直ぐにおろす様にしてください。

 

 

 

 

そうすれば気づいたときには脚を組まなくても平気になっていますよ^ – ^

体の歪みをしっかりとって不調のない体を作りましょう!

 

 

 

松山鍼灸整骨院では、骨盤の歪みからくる腰痛や肩こりに対しても骨盤を中心に全身の調整を行い、体の不調を解消していきます。ツラい症状がある方、以前ツラい思いをして不安な方、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

松山鍼灸整骨院

〒790-0915
松山市松末1丁目5-10
TEL 089-933-8113

 

 

 

 

【フラフラ…】夏の疲れが出るのは”今”ですよ!

2018.09.06 | Category: はり治療,めまい,ツボ,メンテナンス,肩こり

 

 

 

 

 

こんにちは!

松山鍼灸整骨院の渡部です(^-^)

 

 

 

 

 

まだまだ日差しが暑いですね(;´Д`A

今年は7月の時点ですでに40度近くになっていたところもありました(゚o゚;;

しかしこの頃は、台風の影響もあり涼しい日、また一日でも朝晩など、時間帯によって気温の変化が激しいです。

 

 

 

 

今回はそんな時期に来院された患者さんを紹介します。

 

 

 

前回治療してからしばらく間隔が空いていたCさん(仮)が久しぶりに来院されました

 

 

「前に治療してからずっと調子よかったんだけど、最近急にめまいがでてきて…

特に何かしたわけでもないんだけど…」

 

 

「顔の向きを変えるだけでも出るときがあって、車の運転もつらい」

 

 

日常生活の中でのふとした動きでもフラフラっときて

気持ち悪いとのこと(@_@;)

 

 

 

 

実は同じ時期、Cさんと同じように

めまいで来院された方が多くいました

 

 

 

中には耳鼻科や脳神経外科などで検査してもらったけど

特に異常はなく、原因がわからないという方も…

 

 

 

今回の原因の1つとして共通していたのが

【急な気温や気圧の変化】です

 

 

 

 

気温の寒暖差と一緒に気圧も変動することによって

自律神経のバランスが崩れやすい状態になってしまいます(*_*)

 

 

自律神経には、身体を動かしたり緊張させる働きをする交感神経と

身体を休ませたりリラックスさせる働きをする副交感神経とがあり

気温の寒暖差や気圧の変動を受けることによって交感神経が有利に働いてしまう…

 

 

つまり、身体が緊張状態になることで血管が縮こまってしまい

血流が悪くなってしまうことでめまいや頭痛などが出やすくなってしまうのです(´°_°`)

 

 

 

この自律神経、その名の通り自律的に働いている神経なので

自分の気づかないうちに勝手に調節されています

 

 

気温の変化や気圧の変動も目に見えるものではないですけど

身体はちゃんと変化をキャッチして

神経をコントロールしてるんですよ ( °o°)

 

 

 

特にめまいの時は、首肩周りの筋肉が緊張して血流が悪くなっていることが原因の場合が多く

Cさんや同じようにめまいで来院された方たちも首肩周りがかなり緊張されていました(;´Д`)

 

 

 

そんな時にオススメなのは【翳風‐えいふう‐】というツボ↓↓↓

 

 

 

 

耳たぶのすぐ後ろのくぼみにあります( ..)φメモメモ

親指か中指をあて、頭の中心に向かって

気持ちよく感じるくらいの強さでゆっくり押してみてください◎

 

 

首は神経が集中しているデリケートな場所でもあるので

強く押しすぎないように注意してくださいね!!

 

 

特に鍼治療をプラスして直接アプローチしてあげるのが効果的ですよ( ¯꒳¯ )b✧

 

 

 

Cさんの場合、全体的な歪みから疲労も溜まりがちになっていたので

そちらも一緒に整えていったところ

 

 

「車の運転、すっかり楽になりました!(^▽^)o」

とおっしゃっていました( *´︶`*)

 

 

今度は秋に向けて気温が下がったり、台風が多くなって気圧も変動しやすい季節

 

 

最近、首肩の張りやコリが気になる方はお早めにご相談ください

スタッフ一同、全力でサポートしていきます(^O^)/

 

 

松山鍼灸整骨院

〒790-0915
松山市松末1丁目5-10
TEL 089-933-8113

【健康のためのステップ③】その日の疲れその日のうちに♪ 〜睡眠と入浴〜

2018.09.01 | Category: 未分類

 

 

 

 

★睡眠の3つの効果

 

 

 

 

  • 脳と身体の疲れを取る

 

 

*体はもちろん脳も寝ることでしか回復しません。睡眠を取らないとホルモンや自律神経の調整が出来なくなり、一気に体調を崩してしまいます(*_*)

 

 

 

 

 

  • 身体の成長や老化防止

 

 

*睡眠中には大量の成長ホルモンが分泌されます。思春期の成長だけでなく、身体の修復、再生、脂肪燃焼の働きもあるため、アンチエイジング、ダイエットにも欠かせません。

 

 

 

 

 

 

  • 記憶の定着・整理

 

 

*学習したことを中長期的に記憶するため、またはストレスも記憶が整理されることにより解消されます。

 

 

 

 

 

 

その① 何時間寝るのがいいの?

 

 

では何時間寝るのがベストなのでしょうか?右の図は睡眠時間と死亡リスク

(寿命)の関係を表したものですが、6.5~7.4時間が最も低い結果となって

います。即ち「7時間程度」が最も病気のリスクを抑え長生きできる睡眠時間

ということになります。

 

 

その② 何時から寝ればいいの?

 

 

 

次は何時から寝はじめるのが健康に最も良いのでしょうか?よく22時~2時

までの時間が「ゴールデンタイム」と言われます。しかし、仕事などの関係で

なかなか難しいのが現代社会とも言えます。

 

 

 

 

 

東洋医学では疲れは「肝臓」の状態に大きく関係するといわれています。そして

肝臓が最も休まる時間が深夜1時~5時までの間です。

ですから、遅くとも深夜1時までには就寝できることが望ましいと言えるでしょう。

 

 

注目したいのは4時間以下と短い時間で健康障害が起こるのは予想されま

すが、10時間以上などの長い時間はさらに健康に悪影響だという結果に

なっています。よく平日は短い睡眠時間で休日に「寝だめ」という人がいま

すがこの結果から一番体に悪いことがわかります((+_+))

 

 

 

 

★よく眠れるための豆知識( ˘ω˘)zzz

 

◆日光を浴びて体内時計を調節

 

 

 

 

なかなか眠れない人は体内時計の調整が上手くいっていません。その調整をするのは「朝」にあります。

日光を浴びることで調整されるので朝方の生活を意識しましょう。

 

 

◆寝る前にスマホやテレビを見ない

 

 

眠れない原因の一つにいつまでも交感神経が興奮していることが挙げられます。スマホやテレビから出る「光」は神経を興奮させてしまいます。寝る1時間前には見ないことが理想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

身体をキレイにするだけでなく、ココロもリラックスできる「お風呂」

 

「気分が落ち込む・・・。」 「やる気が出ない・・・。」 「なんだか疲れるなぁ…。」

 

そんな時は、ゆったりお風呂に浸かってカラダとココロの疲れを洗い流して、

心身ともにリフレッシュしましょう(^^♪

 

 

 

★入浴の3つの効果

 

 

 

 

 

  • 温熱の効果

 

*温熱により毛細血管が広がって血流が良くなり、溜まった老廃物を押し流してくれます。

筋肉の緊張をほぐしてくれるのでコリの改善にもなります。

 

 

 

  • 浮力の効果

*水やお湯の中では体重がいつもの約9分の1に!筋肉や骨、関節 負担が減り、回復力が高まります。

 

 

 

  • 水上圧の効果

*水圧により、下半身に溜まっている血液が心臓へと戻っていくので血行がよくなり、むくみにも効果的♪

 

 

 

あなたは全身浴?半身浴?

 

 

 

 

 

全身浴:温熱、水圧、浮力の効果を最大限に活用でき、首までつかることで入浴の気持ちよさを実感できます。

※血行が急に良くなるので心臓に負担がかかるため、高齢者や高血圧の人は注意。

→腰痛、肩こりの人はこちらがオススメ♪

 

 

半身浴:心臓への負担が少なく、長時間の入浴に向いているので体の芯から温まることが出来ます。

また下半身に水圧に水圧をかけることで足のむくみの解消に効果的です。

→冷え性、自律神経の悩み人はこちらがオススメ♪

 

 

お風呂の温度は何度??

 

 

 

 

 

42度以上…交感神経を活発にし新陳代謝を促します。朝目覚めたいときには良いでしょう。

※高齢者、高血圧の方は注意です。

 

37~40度…副交感神経を活発にするので筋肉をゆるめたり、腸の働きが良くなります。

夜のお風呂にオススメで10~20分くらいを目安にしましょう。

※低血圧の人は血圧が下がるので長湯をしないように注意が必要です。

 

 

 

いろいろな入浴剤(*^^*)

 

◆疲労回復なら血管を広げ血行をよくしてくれる「炭酸ガス系」

♠身体を温めたいなら保温効果が高い「無機塩類系」

♥ダイエットしたいなら脂肪を燃焼してくれる「発汗系」

その日の気分や症状によって入浴剤をプラスしてみましょう(^^♪

 

*入浴剤の代わりに「塩」を入れるのもオススメ♪冷え性などに効果アリ♪

 

 

 

腰痛や肩こりの解消にも日常生活の見直し、特に睡眠や入浴をしっかりとするということは不可欠になってきます。しかし、仕事の状況など、なかなかそうならない場合が多いのも現代社会の特徴です。

 

松山鍼灸整骨院では普段十分に休息を取れずに、自己治癒力が低下してしまったお身体をバランスを整えることで本来の力を取り戻していきます。

お体に不調がある方、不安がある方はお早めにご相談ください。

 

 

 

松山鍼灸整骨院

 

〒790-0915

松山市松末1丁目5-10

TEL 089-933-8113

 

 

【健康のためのステップ②】食べるもので運命が変わる!

2018.08.30 | Category: 未分類

 

 

★身体の不調は内臓の疲れのサイン!

 

 

つらい肩こりや腰痛、だるさ、頭痛など様々な身体の不調の最初の原因は「内臓」に負担がかかっていることがほとんどです。

ではどうして内臓に負担がかかるのでしょうか?その大きな要因は「食事」にあります。

みなさんは普段食べるものを気にしているでしょうか?

「食べ過ぎかも…」、「お菓子が好き」、「ビールは毎日!」、「好き嫌いが多い」という人は少し食事を見直してみる必要があるかもしれません。

 

 

 

「人の身体は100%自分が口にしたものでできているのです。」

 

 

 

私自身、数年前に体調を崩したとき、炭水化物抜き、肉類抜き、朝はフルーツのみなどいろいろな食事方法を勉強したり、実践したりしてきました。その経験を踏まえてお話していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★その① 食べ過ぎない

 

 

 

 

 

現代病、生活習慣病と言われるものはほとんどが食べ過ぎから来ています。食べ物がありすぎです。

ほんとに食べる量を減らしたら大概の病気はなくなるのではないかと思うほどです。いろいろな健康法を調べてみても、どれにも減食、腹8分目、1日2食など量を減らすということが多くみられます。

量が多い=消化に時間がかかる→内臓に負担がかかるということです。かなりポイントになるところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★その② 良いものを食べる

 

 

贅沢品ということではありません。少し思考を変えていきましょう。良いものを少しです。

例えば焼肉で「たくさん食べたいから安い肉!」と思うかもしれませんが、「良い肉を少し食べる」方が身体には良いです。1度ダマされたと思って試してみてください。変なお腹のモタレも出にくくなります。

良いもの=消化が良い→内臓に負担がかかりにくいということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★その③ 悪いものを入れない

 

 

 

 

 

これが結構重要です。細かく書くと膨大な量になってしまうので肝心なところだけ書きます。

まずは添加物を減らすことです。何でもいいので食品の原材料のところを見てください。これなに?とよく名前のわからないものはすべて添加物です。人工的に作られています。特売のしょう油、お菓子なども食品添加物の宝庫といえます。

 

 

 

 

あと「糖質0」の商品。最近は流行りですが、砂糖、ブドウ糖の代わりに「人工甘味料」を使っています。これが甘味の正体です。せっかくカロリーに気を使っても健康に良いと言い切ることはできません。

 

厚生労働省はこれらの添加物はテストして安全だとは言っていますが、日本人が一生涯添加物を取り続けた場合のデータはありません。ひとつひとつなら許容範囲でも2、3種類となるとどうなるのでしょうか…?アレルギー、アトピー、ガンや難病との関連性も疑われているだけに注意しておきたいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★その④ 日本人ならやっぱり「お米」

 

 

 

 

 

 

様々なメディアやライ○ップなどの影響もあって広く浸透した「炭水化物ダイエット」や「低糖食」。

短期間で体重が落とせると安易に始める人も多いようですが、東洋医学で見ると大きな問題点があります。

 

私も炭水化物抜きを実践しましたが、だるさや眠気がひどく出た経験があります。他の健康被害が出ている人も多いようです。では、どのような点が問題なのでしょうか?

 

 

 

それは、米、小麦、砂糖、果物、野菜など様々ありますが、一括りに「炭水化物」というジャンルでまとめられているところです。東洋医学で一番の大敵とされているのは「冷え」です。同じ主食でも小麦を使ったパンや麺類などは身体を冷やしてしまいます。その点でお米は非常にバランスが取れた食べ物で、内臓の負担も少ないです。

 

 

 

だから日本人はお米のことを「ごはん」と言い、2000年以上も主食にしてきたわけなんですね(^^)

これを抜きにしてバランスをとるのは至難の業です。理想は白米よりも栄養価が高い雑穀米や玄米ですが、まずは白米からでも十分です。私も普段は七分づきですが、甘味があっておいしいですよ(^^)/

当院では玄米のサプリメントも取り扱っているので気になる方はお声掛けください(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★その⑤ 良い塩、悪い塩

 

 

 

 

近年は「減塩」ということが言われ続けていますが、塩は「ミネラル」という体にはなくてはならないものです。このミネラルが多く含まれているかどうかが「良い塩」と「悪い塩」の分かれ道になります。良い塩は体の機能を調整してくれますが、悪い塩は高血圧などの機能障害がおこりやすくなります。ですから、減塩という「量」も大切ですが「質」がさらに大切ということになります。

 

 

 

良い塩と悪い塩を見分けるポイントは「作り方」です。「平釜」や「天日干し」と記載があればじっくり時間をかけて製造するためミネラル分が豊富な良い塩です。「塩化ナトリウム99%以上」という記載のものは安価ですが短時間で大量生産されるためミネラルが少ない悪い塩になってしまします。

健康のためにこの「塩」を一度見直してみてください(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★その⑥ 砂糖の恐怖! 

 

 

 

 

 

 

最後は砂糖。はっきり言います。みなさん取り過ぎです(。-_-。)砂糖は体をとことん冷やしてしまいます。甘いお菓子など女性は好きな人が多いので残念なお知らせですよね(*_*)正直言って私も好きですが(笑)

 

 

 

 

砂糖の害は冷え性に始まり、頭痛やめまいなどの自律神経の問題、低血圧になりだるさ、やる気が出ないなど多岐にわたります。さらに厄介なのがタバコよりも強い依存性があるということです(*_*)

 

 

子どもが「キレやすくなる」「やる気が出なくなる」のも砂糖の影響があるようです。

 

 

前述したように、砂糖も炭水化物ですが、糖分はお米をしっかり食べることで十分ですからできるだけ取らないのがベストですが。。。

量を決めて楽しむ程度に抑えるようにしましょう(*^-^*)

 

 

 

松山鍼灸整骨院では腰痛や肩こりに対しても、内臓の調子を含めて全身的なバランス調整を整体、針治療、骨盤調整で行っております。

お体に不調がある方、不安がある方はお早めにご相談ください。

 

 

 

松山鍼灸整骨院

 

〒790-0915

松山市松末1丁目5-10

TEL 089-933-8113

 

地域清掃を行いました^ ^

2018.08.29 | Category: 未分類

 

こんにちは!

 

 

松山鍼灸整骨院です^ ^

 

 

 

土曜日の午後、診療後に松山鍼灸整骨院の新たな試みの一つで、地域貢献の一環として、松末周辺の清掃活動を行いました。

 

 

 

 

 

 

普段お世話になっている地域で、何気なく通っている道にも意識してみると、結構ゴミが落ちていることに気づきました。

 

 

まだまだ暑さが厳しく、かなり体力を使いましたが、気持ちの良い汗と達成感がありました^ ^

 

 

また定期的に活動して、患者様の心身を整えるとともに、地域の環境も整えていければと思います^ – ^

 

【健康のためのステップ①】元気のためにここがツボ!

2018.08.29 | Category: ツボ

 

 

 

 

 

★そもそも「ツボ」ってなに!?

 

 

 

 

肩こりにはこのツボ、腰痛のツボ、不眠症のツボ…、と数えればきりがないのですがそもそも皆さんは、この「ツボ」って何なのかをご存じでしょうか?

 

 

 

 

 

正解からいうと「ツボ=壺」ということです。

 

 

 

 

 

へ( ゚Д゚??と思う方が多いと思うので詳しく説明します。人間の身体は数多くの骨や筋肉が繋がって

出来ています。多くの骨や筋肉があるからこそ人は細かい動作ができるわけですが、逆にこの骨や筋肉が多くあるためにその繋ぎ目に「隙間」ができてしまいます。別の言い方をすると「くぼみ」とも言えます。

 

 

この「隙間・くぼみ」に老廃物が溜まりやすくなったり、血液が流れにくくなったりしてしまいます。

 

 

ちょうど「壺」に水がたまるように人間の身体の「隙間・くぼみ」にも老廃物や血液が溜まるために「ツボ」と言います。

 

 

 

なぜツボを押すと様々な効果があるのかというと、ツボを押すことによって溜まっていた老廃物や血液がキレイに流れ始めるからなんですね(*^^*)今回は700以上あるツボの中から特に効果の高いツボを厳選してお伝えしていきます(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★内臓の調子を整えて痛みを撃退!!

 

 

 

 

ツボの効果が、腰痛、肩こり、神経痛から始まり、目の疲れ、胃の不調、便秘などさまざまな症状に有効なもう一つの大きな理由あります。

それはツボが「内臓の調子を整える」からです。内臓と腰痛、肩こりが関係あるの(‘_’??と思われるかもしれませんが、関係大アリです。

 

 

 

人間の身体で最も重要なものは、「内臓」です。

 

 

 

 

 

 

内臓に疲れが溜まったり、異常があったりすると人間の身体は腰痛や肩こりというように体の外に痛みや不快感という「サイン」を送ります。どうしてこの「サイン」を送るのでしょうか?極端なことを言うと、腰痛や肩こりになっても命に別状はありません。しかし、内臓が病気になると命に関わりますから、そうなる前に自分自身の身体に教えてくれているのです。ツボのほとんど全てが筋肉・筋膜や神経を介して内臓と繋がっていて、内臓の調子を整えることで体の外の痛みなどの症状が解消していくというわけです。

 

 

 

 

腰痛に効くツボ

 

 

 

*足三里  胃の調子を整え全体の治癒力を高める

<場所> 膝の外側、お皿の下から指4本分下がった一番くぼんでいるところ。むこうずねの外側。

<効能> 全身疲労、胃痛、便秘、肩こり、脚のむくみ、だるさ

 

 

 

 

*委中 腰痛で困ったらとにかくこのツボ!

<場所> 膝の裏側、シワの真ん中。

<効能> 背中のこわばり、坐骨神経痛、膝の痛み、脚のむくみ、だるさ

 

 

 

 

 

 

 

*崑崙  アキレス腱をゆるめて腰痛を撃退!

<場所> 外くるぶしとアキレス腱の間のくぼんだところ

<効能> 坐骨神経痛、頭痛、足の冷え、脚のむくみ、だるさ

 

 

 

 

 

 

肩こり、五十肩に効くツボ

 

 

 

 

 

*合谷  腸の働きを高めて身体を元気にする万能のツボ!

<場所> 手の人差し指と親指の骨が合わさったところより少し上

<効能> 腰痛、便秘、目の疲れ、歯の痛み、にきび

 

 

 

 

 

 

*手三里  腕の疲れが首、肩こり、五十肩の原因に!

<場所> 肘を曲げたときにできるシワの端から手の方向に指三本分のところ

<効能> 寝違え、歯の痛み、イライラ、手のしびれ

 

 

 

 

 

 

女性のお悩みに効くツボ

 

 

 

 

*三陰交  ホルモンバランスを整えて冷え性改善!

<場所> 内くるぶしから指4本分上側で脚の骨(脛骨)の際

<効能> 冷え性、生理痛、不妊、更年期障害

 

 

 

 

松山鍼灸整骨院の実際の治療では、このツボの効果をさらに高めていきます。

ツボの組合せや全身的なバランス調整を整体、針治療、骨盤調整で行っております。

お体に不調がある方、不安がある方はお早めにご相談ください。

 

 

 

松山鍼灸整骨院

 

〒790-0915

松山市松末1丁目5-10

TEL 089-933-8113

 

 

 

【施術担当についてのお知らせ】

2018.08.22 | Category: 未分類

各曜日の施術担当についてお知らせいたします。

<月曜午前> 三浦 渡部 田村 (休/酒井)
<火曜午前> 三浦 酒井 田村 (休/渡部)
<木曜午前> 酒井 渡部 田村 (休/三浦)
<金曜午前> 三浦 酒井 渡部 (休/田村)

※水曜日、土曜日、平日午後の診療は三浦・酒井・渡部・田村となっています。

※酒井は訪問マッサージがあるため、夕方15〜17時治療院にいない場合があります。
 お電話にてお問い合わせください。

※院長診療ご希望の方は完全予約制となっておりますので、お電話にてお伝えください。

ご確認をよろしくお願いいたします。

【🌀お盆休みのお知らせ🌀】

2018.08.07 | Category: お知らせ

 

 

 

 

 

お盆休みは下記のようになります。よろしくお願いいたします。

 

8/11(土) 通常診療(午前)

/12(日) 休み

/13(月) 休み

/14(火) 休み

/15(水) 休み

/16(木) 通常診療

 

ご確認をよろしくお願いいたします。

 

※11日(土)は祝日ですが、午前診療いたします。

 

暑い夏を乗り切るためにメンテナンスをして体を良い状態にしておきましょう♩

 

 

ぎっくり腰警報中!

2018.07.04 | Category: お知らせ,ぎっくり腰,メンテナンス,冷え 血行不良 体質改善,夏バテ

こんにちは!

酒井です!

 

今年もこの時期がやってきましたよ!

 

何がやってきたかというと!

 

ぎっくり腰シーズンです!

 

 

まだ梅雨も明けてないのに異常に暑い日が増えてきましたね!

そんな時期に増えてくるのはぎっくり腰の患者さんです!

 

 

何でぎっくり腰が夏など暑い時季に増えてくるかというと、体が冷えてしまうからです!

 

 

「夏に体が冷えるってどういう事?」

 

 

そんな風に皆さん感じると思います!

ただ体は色々な事で冷えていきます!

 

 

想像しやすい事としてはエアコンや扇風機等の家電による体の表面の冷えです!

暑い日に外出していて涼しい室内に入ると気持ちいいですよね!

 

 

僕自身も訪問マッサージで松山市内をバイクで走ってますが、治療院に戻ってきた時は涼しくて気持ちいいです!

 

 

ですが筋肉は暑い状態から急に涼しい環境にさらされると硬くなってしまいます!

生のお肉を冷凍すると縮む感じです(笑)

 

 

次に体を冷やす原因としては、熱中症予防で水分を取る事が増えるからです!

毎年暑い時期がくるとテレビ等で熱中症の予防に水分補給の呼びかけが増えてきます!

 

 

熱中症は確かに怖い病気なので水分補給はとても大切です!

ですが補給の仕方を間違えるとぎっくり腰を起こしやすい体になってしまいます!

 

 

水分をとる際についつい冷たい飲み物をガブガブ飲んでないですか?

それも甘いジュースだったりしないですか?

 

 

冷たい飲み物は食べ物と比べると、冷たい状態のままで胃腸に流れこみます!

すると物理的に内臓を冷やしてしまい、冷えから内臓が疲れてしまいます!

 

 

疲労がたまると背中や腰の筋肉も硬くなってしまいます!

硬い筋肉はケガしやすい為にぎっくり腰の危険性も高まります!

更に甘いジュースには砂糖がたくさん入っている為にその影響で体が冷えてきます!

 

 

この様に体が外からも内からも冷されて体はカチカチに硬くなります!

これがぎっくり腰が暑い時季に増加するメカニズムです!

 

 

 

だからといって暑い日にエアコンも使わずに暑い飲み物を飲むのは無理ですし自殺行為ですよね!

 

 

 

そんな皆さんの為にぎっくり腰予防のポイントを紹介します!

 

それは…

1.暑い日こそ夜はゆっくり湯船に入る

2.冷たい飲み物は少量を小まめに補給

3.お腹を優しくマッサージ

            この三点です!

 

 

暑いからといってシャワーでは体の疲れは取れないですし、眠りの質も落ちます!

また水分を取る時も小まめに少量ずつなら冷たい飲み物でも内臓が冷えるのを防止できます!

更に普段からお腹を優しくマッサージすれば腸の動きも良くなりお腹の冷え予防や便通の改善にも役立ちます!

 

 

もうすぐ過酷な夏が始まります!

今からメンテナンスを心がけてケガのない生活を過ごしていきましよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治