むちうち

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 事故後から続く頭痛やひどいコリ
  • 事故後から続く首や腰の痛み
  • 事故後から続く強い疲労感
  • 事故後から続く手足のしびれ

むちうちになってしまったら

むちうちって何?

交通事故の損傷で最も多い「むちうち」とはどういうものなのでしょうか?
交通事故のような強い衝撃が突然加わると、構造上1番弱い首が最もダメージを受けます。筋肉や靭帯、神経、椎間板など首の組織の損傷を総称してむちうちといっています。しかし、病院でのレントゲン検査では「骨」に異常がないかを見ているので、問題がないことが多く、強い痛みや症状があるにも関わらず大きな問題として受け止められていないケースもあるようです。

むちうちに「牽引治療」は有効か?

むちうちの症状で病院を受診すると、牽引治療、電気治療、投薬治療という方法がとられます。しかし、症状の程度や状態によっては牽引治療は効果がなかったり、逆効果となってしまう場合もあるようです。
むちうちは筋肉や靭帯が一時的に伸ばされ、今度は逆に緊張状態にあるので無理に引っ張る刺激が加わると調子を崩すこともあります。
痛み止めも筋肉や靭帯の損傷を回復させるわけではないので、改善に長期間を擁したり、治療期間が終了しても改善しきれず後遺症となることも多いのです。

むちうちを治そう

では、むちうちの治療はどうすればよいのでしょうか?
むちうちは首の症状から頭痛やめまいなど様々な症状を引き起こします。このことから「首」を治療すると思われがちですが、交通事故などの強い衝撃は全身にダメージを与えています。そして、首は骨盤を土台とする骨格の上の部分になるので、首を治すにはまずダメージを受けている下半身や上半身の治療必要不可欠です。首だけ治すというのはありえません。
松山鍼灸整骨院では、交通事故で過度な負担がかかってしまったところを整体で全身的な調整を行なっていきます。

むちうちのまとめ

むちうちというと「首」に意識がどうしてもいきがちですが、大切なのは首を含む全身のバランスです。頭痛やめまいなども伴うことも多いツラいむちうちをしっかりした治療で、早期の回復、後遺症が残らないようにしていきましょう。