当院のブログ

連休明けに気をつけたい5月病

東洋医学

みなさん、連休明けからいかがお過ごしでしょうか?

普段の生活リズムは取り戻せたでしょうか?

 

松山鍼灸整骨院には、連休明けから、ぎっくり腰や寝違えなどの急性の症状の方が

多くお見えになりました。

 

これは、連休中の生活習慣の変化、連休前後の仕事量など様々な要因が考えられますが、

お盆やお正月などの長期休暇の後にはこういった症状を訴える人が多いようです。

 

そして五月といえば、五月病です。

このように体に負担がかかるという事は、当然、心にも負担はかかっているはずです。

その小さな体の不調が、五月病といわれるものにつながっているのかもしれません。

 

「ココロの健康はまずカラダから」

 

です。

 

みなさんも、その小さなカラダからのサインを見逃さずにこまめにケアしていきましょう。