当院のブログ

交通事故で多い「むち打ち」の4つのタイプ

むちうち

交通事故でもっとも多いのがむち打ち!

そのむち打ちにも大きく分けて4つあります。

 

◇頚椎捻挫型

これが、むち打ちの中でも最も一多いタイプ。

衝撃によって首が激しく揺さぶられた結果、首の筋肉や靭帯が傷つき、「捻挫」となったもの。

 

◇バレー・ルー症候群型

衝撃が首の骨だけでなく、その中を通る自律神経が傷ついた場合に発症。

 

◇神経根症状型

脊髄から出る根元部分である神経根がダメージを受けてしまうケース。

主な症状 しびれや力が入れにくい。

 

◇脊髄症状型

神経だけでなく、直接脊髄にまでダメージが及んだケース。

脊髄の損傷より身体にまひが残り、障害となってしまう場合も。

 

当院では頸椎捻挫が一番多く来られます。

痛みやめまい、頭痛など続くとつらいものです。

 

むち打ち症で悩んでいる方、改善するために早めに治療をはじめましょう☆