当院のブログ

腰痛・肩こりの真犯人とは!

腰痛

こんにちは!

名探偵にあこがれる鍼灸師・柔整師の三浦です(^^)

 

今日のテーマはみなさんお悩みの腰痛と肩こりの真犯人は誰だ!?

というお話です(^^)/

 

その真犯人とは・・・

 

たくさんあります( ゚Д゚)

むしろたくさんありすぎてここには書ききれないくらいです(*_*)

 

「おい!」「ちょっと!」

 

とみなさんのお怒りと落胆の声が聞こえてきそうではありますが・・・💦

 

実際に腰痛・肩こりは血行不良、筋疲労、骨盤の歪み、姿勢の悪さ、内臓疾患、神経痛・・・etc

と原因を挙げたらきりがありません。

 

そこで!!

 

今回はその中でも重要なポイントを1つお伝えします。

 

それこそが「真犯人」です( `ー´)ノ

 

それは・・・

 

「ふくらはぎ」

 

です( ..)φメモメモ

 

ふくらはぎは「第二の心臓」と言われるように血流を全身に行きわたらる働きがあります。

 

その重要な役割をになっているふくらはぎですが、人類は「二足歩行」を始めた瞬間からこの2本の足に多大な負担をかけるようになりました(*_*)

 

もちろん歩き過ぎ、立ちっぱなしでも負担はかかりますが、デスクワークなどで長時間座っていても血行不良となり疲労してきます。

 

そのふくらはぎの小さな疲労の蓄積が腰痛や肩こりの原因となることがすごく多いです。

 

実際に松山鍼灸整骨院にご来院されている多くの方の原因でもあります。

 

この原因となっているふくらはぎの治療、負担軽減が腰痛・肩こりの解消につながった患者様も数多くいます。

 

次に数多くある中の原因として取り上げるのは・・・

「おなか」

です( ゚Д゚)

 

なぜ「おなか」なのでしょうか?

 

肩こりに関して言うと、お腹、つまり内臓の働きが原因となることが多く見られます。

 

内臓の働きが悪くなると全身を巡る血流も悪くなります。

 

その結果、肩や首に血行不良が生じて「こり」の原因となってしまうのです。

 

腰痛の場合はどうでしょうか?

 

おなか=腰の前面と考える事ができます。

 

前面に緊張があると後面も必ずと言っていいほど負担がかかってきます。

 

これは腰に限らず人体の構造上そのようになっえいます。

 

では、この夏場に気を付けるべきことはなんでしょうか。

 

冷たい飲み物や食べ物で内臓に負担がかかってしまうこの季節は特に注意が必要です。

 

夏バテまでいかなくとも肩こりや腰痛となって出てくることがよくあるからです。

 

夏場の冷たいビールやアイスは最高ですが…

 

身体に不調がある方は少し控えることをオススメします♪

 

そして早め早めのケアを松山鍼灸整骨院で(^^)

 

松山鍼灸整骨院    TEL089-933-8113