当院のブログ

肝臓からの腰痛、大丈夫ですか?

ぎっくり腰

こんにちは(^^)/

松山鍼灸整骨院、お酒は弱い三浦です(^▽^;)

気が付けばもう今年も終わろうとしていますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか??

 

年末年始のこの時期、忘年会や新年会で飲む機会が増える人も多いのではないでしょうか?

 

今日はそんな人のためのお話です。

 

なぜなら、「肝臓」がとても疲れる時期だからですね(*_*)

 

しかもその肝臓の疲れが腰痛に繋がることが多くあるため注意が必要です。

当院に来院されている患者様も、最近肝臓に負担がかかって腰痛になっている方が急激に増えているようです。

 

お酒好きな人にとっては残念なお知らせではありますが・・・

 

肝臓は人体で最も大きい実質性臓器(中が詰まっている臓器)であるため負担がかかると、すぐに硬くなる性質があります。肝臓が硬くなるとどうなるか。。。

 

その周りの筋肉・筋膜も当然硬くなってしまいます。

肝臓は右側にありますから、右の腰が硬く張って痛みが出ているような人は、お酒の量に注意が必要かもしれません。

 

肝臓からの腰痛でも左側に症状が出る方もいますので、一概には言い切れませんが、右の腰が特に。。。

という方は休肝日を考えてくださいね(´・ω・`)

 

松山鍼灸整骨院では、このように腰痛の数ある原因を探して、腰の痛みだけにとらわれずに治療していきます。

 

年末年始をより良い体調で過ごしたい方はぜひ早めの治療を🎶