当院のブログ

【増加中】交通事故にご用心!!

むちうち

こんにちは。

松山鍼灸整骨院の渡部です(^ ^)

 

すっかり朝晩が冷え込んできたせいか、最近、車で通勤される方が増えてきました((((;゚Д゚)))))

 

その影響か増えてきたものがもう1つ…

それは交通事故です!!!

 

愛媛県内では9日間の間に5件も死亡事故が続いたため、「交通死亡事故多発緊急事態宣言」が出ていました。

 

しかし、宣言した翌日に新たに死亡事故が発生!!

翌々日にも2人が亡くなる事故が相次いでいます( i _ i )

 

今回はそんな交通事故にあったうちの1人、Mさんのお話です。

 

原付で直進中、左折してきた車と衝突したMさん。

ぶつかった衝撃で投げ飛ばされ、カラダが宙を舞う中、ミシリと首の軋む音を聞いたそうです(;´Д`)

幸いにもレントゲン上、骨に異常はなく目立った外傷が無かったため、「首は痛いけど、他の部分は意外と大丈夫だ!」と楽観視されていたんだとか(^_^;)

 

Mさんはきちんと上下ともに長袖の服を着ていたため、出血を伴うようなケガはしていませんでした。

バイクや自転車の場合、カラダが直接地面とこすれて、出血を伴うようなケガをしやすいので、服装は◎です(●^o^●)

が、それゆえ外見的にはあまりケガが目立たず、大したことはないと油断してしまったのでしょう…(^_^;)

 

しばらくすると、状態は悪化。

首だけでなく腰にも痛みが出始め、来院された時には顔を横に向けることも出来ず、腕も肩より上にあがらなくなっていました。

そこで始めは首肩ではなく、腕や背中など主症状の場所より少し離れたところからアプローチを開始。

 

え?首や肩が痛いんだからそこを触るんじゃないの?

と思われたかたも多いと思います。

 

症状がツライとき、ついつい痛みがあるところばかり気になりますよね。

もちろん痛みが出ている部分を直接治療することも大切です。

でも、痛みが出ているところ以外からも負担がかかっていることって案外多いんです。

 

Mさんの場合、首や肩が緊張して圧痛が強く、それに伴い可動域も狭くなっていたので、無理に動かすと余計に痛みが増す可能性がありました。

そこで痛みはないけれど明らかに張りがあり、首肩周りを余計に緊張状態にさせていた腕からアプローチすることで、無理に首肩を動かさず、間接的に負担を減らしていきました。

 

今では首の可動域も増え、腕も肩より上にあがるように。

首は1番衝撃を受けたところでもあるため、まだ少し痛みや頭痛が続いていますが、少しづつ軽快に向かっています(*^^*)

 

なかには事故直後は何も異常がなく安心していたところ、しばらくすると容体が急変。

実は腹部の大きな血管が破裂していて緊急手術になった、というような恐ろしい例もありました…(◎o◎)

 

外見に異常はない場合でも、カラダの中身にしっかりダメージを受けているのが交通事故。

 

あまり痛みがないと油断していると、数年後、つらい後遺症に繋がってしまうことも…。

 

当院では、一人ひとりの症状に合わせた治療でしっかりサポートしていきます。

もし事故に遭われた場合はお気軽にご相談ください( ^_^)/

 

松山鍼灸整骨院
〒790-0915
松山市松末1丁目5-10
TEL 089-933-8113